ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2006年06月23日

手持ちの葛根湯を服用し続けても治らないので病院に行くと出されたのは同じ葛根湯

 これと同様な例は、枚挙に暇がない。漢方専門薬局をやっていると、笑うに笑えぬ深刻な話だが、やはり苦笑せざるを得ない保険漢方にまつわる笑い話は日常茶飯事である。
 なかでも最も多い笑い話がこの「葛根湯」ということである。

 家庭に常備していた葛根湯をいくら続けても治らないので、止むを得ず多忙な仕事を犠牲にして、救いを求めて投与されたのが同じ葛根湯であり、ただ異なる点は、市販の葛根湯が医療用の葛根湯に変わっただけ。
 医療用ならよく効くのかもしれないなどと、殊勝な考えから張り切って服用したところが、持続する発汗と共に、いよいよますます咽喉腫痛が悪化し、汗が出ても解熱しないどころか、グッタリしてとうとう会社を休んで漢方治療を求めてやって来られるケースなど稀ではない。

 老人性皮膚炎や自己免疫性皮膚疾患が重症化しかかっているのを内服ステロイドで抑えていところへ、老人ボケが進行しているとて、抑肝散加陳皮半夏を投与して却って温めすぎて皮膚炎をますます治りにくくしていた例などは、明らかに腎陰虚に湿熱を挟んでいるところへ、当帰や川芎などの辛温の薬物によってますます痒みを増大させている。

 最も多いのは麦門冬湯や滋陰降下湯などの肺陰虚に適応する方剤を投与すべきところを小青竜湯を投与されるものだから、乾燥性の咳嗽をますます悪化させてシワガレ声になって救いを求めて来られるケースも、まだまだあとを絶たない。

 以前にも報告したが、緑内障のある人に芍薬甘草湯が投与されるケースは、もっともヒドイ部類かもしれない。

 漢方薬は正式な医薬品であり、しかも中医学の基本理論に則った弁証論治の規則を忠実に守らない限りは、なかなか適切な方剤を選択することは出来ないものである。
 ところが、日本では中医学に比較してあまりにも基礎理論が脆弱な漢方医学理論?の陰陽虚実で、方剤を解釈するものだから、実証用、虚証用などと方剤が分類され、挙句の果てには意味不明な「虚実中間証」などという分類さえマカリ通っている現実であるから、何をかイワンヤ&emoji!?;

 未だに臓腑弁証が重要視されないばかりか、驚いたことに寒熱に対する認識の甘さのみならず、各五臓における「陰虚」という概念を未だに導入されていない驚くべき実体には、唖然としてしまうばかり・・・・・

 と、今回はあまりにも本音を述べ過ぎたかもしれない。

 (日本の漢方医学には、中医基礎理論を導入することが急務だと思うのだが、十年一日どころか、五十年一日なのを嘆くばかりである。)
posted by ヒゲ薬剤師 at 10:10| 山口 ☔| 葛根湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

いまだに多い「漢方は信じない」という先生方

 信じる信じないは個人の自由であるとはいえ、まるで宗教問題のような話である。

 漢方は新興宗教と同列ですかねっ!?と言いたくもなりますよっ。

 ともあれ、いまだに漢方と漢方薬の問題についても、信じる信じないの言葉が発せられるという、やや時代錯誤気味にも思えるのだが、それがしかも医師の口から発せられることが今年になっても、随分聞かされてきた。

 聞かされてきたというのは、当方へ漢方相談にみえたやや遠方の患者さん達の言葉を通じて聞かされた言葉なのだが、主治医に漢方薬の利用をご相談したところ、言下に、

「私は漢方は信じませんから!」
 と何とも愛想のないことで、「漢方」という言葉を発した途端に突然の豹変ぶりに、さすがに膝がガクガク震えたという患者さんさえおられる。

 まれには開業医の先生でもおられるが、多くは大学病院などに勤務される先生方が多いようで、この非科学的な「信じる」「信じない」という言葉自体が、科学的であってほしい先生方の口から発せられるのであるから、なんとも不気味な言葉に思えてならないのである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 13:24| 山口 ☔| 漢方薬に無知な医師達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

5月13日放送のNHK教育チャンネルの「サイエンスZERO」で放映されたスタチン製剤

 13日に放映されたスタチン製剤。
 アオカビからスタチンを発見した遠藤先生が出演した番組である。

 この番組ではスタチン製剤が、いかに有用なものであるかのオンパレードであったが、すべてを鵜呑みにして良いものかどうか。

 スタチン製剤の問題点を常々指摘しておられる浜六郎先生は、どのようなコメントをされるものか、是非、お聞きしたいところである。

 しばらく前にも放映されたNHK教育チャンネルの「サイエンスZERO」におけるインフルエンザと葛根湯問題などのこともあり、すべてを信じることが出来ない小生であるが、複雑な気持ちになるばかりである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 09:08| 山口 ☔| 医薬品の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

漢方薬の服用量を減らしたために再発の兆候が出たとき

 何年も前のことだが、西洋医学治療ではどうしようもなくなって、ある分野の著名な先生に紹介されて来られた難治性疾患の方の場合。

 精一杯の漢方薬を様々に工夫して、一年半くらいでほぼ治癒に近い状態に持ち込め、重度の自覚症状のみならず、検査数値も全面的に改善していたのに油断して、その後、何年もの長きに渡って服用量を一日3回のところを二回になったり一回だったりしたところが、突然、再発の兆候が出てきた。

 というより臓物の疾患だけに機能低下を起こしてきたと言ったほうがより近いかも知れない。
 現在進行形なので具体的には書くわけには行かないが、このようなとき、患者さんの自覚症状が強く出ているわけでもないが、僅かに出てきた症状の中に、突然上がった検査数値の異常部分と一致する問題であるだけに、愕然としてしまう。

 なぜなら、牛黄や麝香までが加わった相当な経費のかかる配合となっていただけに、服用量がやけに減ってしまっていた時期にも、「根治する病ではないのだから、服用量を落とさないように」と注意すべきところを、遠慮が先に立って控えていた負い目?もあった。

 直ぐに正規の3回服用に戻すよう進言したものの、この西洋医学ではお手上げだった難治性疾患が、再び以前の略治レベルに戻ってくれるかどうか?
このようなときには、こちらの方もいっぺんにひどい挫折感と食欲不振を伴ったうつ状態に陥るのだった。
posted by ヒゲ薬剤師 at 02:03| 山口 ☔| 漢方薬の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする