ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2006年07月31日

五月から続く蕁麻疹(じんましん)治療に難航した挙句に医療用の五苓散を出されて猛烈に悪化

 五月から蕁麻疹が続いている中年男性が、皮膚科治療で抗アレルギー剤などで一進一退。
 挙句にステロイド内服も併用するも、一時的な効果に終わり、とうとう七月の終わりになってたんぱく質を摂り過ぎたのか、急に悪化した土曜日。通っている皮膚科は休みなので、親しい内科に行って点滴をしてもらったらやや軽くなった。
 そのときに出されたのが医療用のツムラ五苓散(ごれいさん)エキス。二回目までの服用では問題なかったが、三度目を服用した頃から、服用する都度暑く火照り、ますます蕁麻疹が広がってきた。今朝は全身に広がり頭や額にまで出てきたとて、とうとう小生のところに相談にかけつけた。

 随分前に、お嬢さんの寒冷蕁麻疹を当方の漢方薬で治ったことがあったのを思い出したのだという。

 皮膚科の医師には、こんなに治らない蕁麻疹は食事などが原因ではない。精神的なストレスが原因であると断言されているとのことである。
 
 しかしながら、あきらかな湿熱の兆候を呈している舌の状態(黄膩苔)があるのだから、まず茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)が頭に浮かんでもいい筈だ。

 あれだけ医療用を宣伝しているのに、五苓散や小青竜湯ばかりが医療用ではないはずである。五苓散には腎陽を温め経脈を温通する桂皮が入っているので肝胆の湿熱がますます助長して、この人の場合、蕁麻疹がさらに悪化しても悪いのは五苓散ではなく、五苓散を投与するほうの問題である。

 時代の流れか、とうとう漢方専門薬局は医療用漢方誤投与の救済機関となり下がって(成り上がって?)しまったのか?!

 しかしながら、このような現実をブログに書き続けるのは間違っているのだろうか?
 小生の後継者に薬剤師はおらず医師ばかりである。医師である愚息や愚娘にとってはうるさいオヤジが、また余計なことを書いてくれたとはた迷惑かもしれないが、現実にしばしばあることだから、あの世に行く前の置き土産として困った現実を書き残しておくことも、少しは世の中の為になるのではないだろうか?

 比較的安全な漢方薬だからといっても、基礎理論をないがしろにした投与は、病状を却って悪化させることだって珍しくないのである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 19:55| 山口 ☔| 医師によるツムラ漢方など医療用漢方薬の誤投与問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

小青竜湯誤投与の典型例

本日のお問合せフォームより、

御意見や御質問をどうぞ : はじめまして。●●に住む38歳の主婦です。
 私は慢性気管支炎(乾燥した咳で痰が出ません)と咽喉痛で苦しんでいます。病院で検査をした結果「気管支炎と咽頭炎です。繰り返しますよ。」と言われました。医師に処方してもらう消炎剤や咳止め薬は効きません。

 昨年7月から1年間漢方薬を続けてきましたが思うように治りません。
 その漢方薬局では、「体の冷えが原因です。」と言われまして小青竜湯を中心にした漢方薬を服用していました。
 現在、咳の症状は軽いのですが、口がカラカラに乾いて咽喉痛や咽喉から胸にかけて不快症状(痛痒い)が続きます。

 以上、典型的な小青竜湯の誤投与の文面である。
 肺寒停飲の証候を呈するのであれば、確かに小青竜湯は素晴らしい効果を発揮するが、昨今の社会風潮では「肺寒停飲」を確かめもせず、あるいはその基礎理論に無知なまま、不適応者に対する鑑別能力のないまま、あまりにも乱用が目立ち過ぎるのである。

 今回のケースはたまたま漢方薬局で出されていたが、小生の地元ではもっぱら医療用漢方での誤投与が顕著で、言葉は悪いが、その尻拭いばかりをさせられている。(今年は珍しく、ほんの数例に減少している。)

 また、昨今ブームの「冷えが原因」とする余りにも短絡的な病因論も大いに問題である。ネコも杓子も「冷え」に帰するというのだから、稚拙極まりない論法である。
 最初の原因が何でアレ、炎症性疾患を抱えている場合に、過度な温熱的治療方法は逆効果になることを知る専門家が、意外に少ないのに些か驚いている。
posted by ヒゲ薬剤師 at 01:05| 山口 ☔| 小青竜湯の誤投与や乱用による不快反応や副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

再発しなくなった硬膜下出血患者さんの嬉しい嘆き

 頭部打撲の記憶もないのに硬膜下出血を発し、頭蓋骨に穴を開けて出血を吸い取ってもらったのが二年以上前だったか。
 病院では投薬は一切なかったので、金の玉と噂される牛黄製剤を人に紹介されて熱心に服用するも、またぞろ原因不明の硬膜下出血で再度入院手術するはめになった人のお話。

 こんなことを何度も繰り返していては、命を落としかねないと薬嫌いのご本人も、身内の方にご紹介されて当方の薬局に御相談に見えた。

 当方では金の玉と称される方剤類には、当帰・川芎など、貴方には不要な配合が多いので、他のゴオウ製剤を中心に、さらに適切な漢方処方を併用されることをアドバイス。
 その後は二度と出血することなく、既に一年半以上が経過したが、さまざまに随伴していたと思われる諸症状も消失し、完全に以前の元気を取り戻されている。

 しかしながら、経費的には相当な高額なものになっており、それでもご本人のみならず、その身内の人達からも深く感謝されることは薬局冥利につきるが、隣近所の人達から、どうしてそんなに回復できたのか、昔よりも元気になったみたいだがと問われることが頻繁で、

「漢方薬でね」とはこたえても、決して金額のことは口にしないそうである。

 当方に対する皮肉で言われているのではなく、金額を言うときっと田舎のことだから嫉妬されて、どんなイヤミを言われるか知れやしないと大笑いされるのであった。

 たしかに、病気の内容によっては、思い切った高額のいわゆる「高貴薬」を使用してもらわないことには解決できないことが往々にしてあるものなのである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 10:53| 山口 ☔| 牛黄製剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

医療機関から出された漢方薬のセカンドオピニオン業務?

 漢方専門薬局を経営していると、医療機関から出された漢方薬について、しかもお電話で御相談を受けることがとても多い。

 仕事中にかかるお電話だから、店頭での本業の時間を他の医療機関で出された漢方薬のセカンドオピニオン?の為に奪われるということである。

 多くは病名漢方、あるいはエビデンス漢方と呼ぶべきか、その弊害が生じた場合の御相談が多く、次いで処方された漢方薬の効能を訊ねる患者さん達も多い。

 当方としては原則として、出された医療機関に訊ねるべきで、目的あって処方された筈であるから迂闊にお答えすることは出来ない立場である、ということを理解してもらい、なるべく介入することを避けている。

 但し、明らかに間違った投与であると断定できる場合は、薬剤師としての立場から意見を述べ、そのことを主治医に伝えるようにアドバイスすることもある。

 しかしながら、このような当方にとっては本業の時間を奪われる他の医療機関のセカンドオピニオン的なお問合せには、実のところ、大いに困っている。
 お問合せされる多くの患者さんたちは、処方された医療機関にお問合せすべきところを、そちらには大いに遠慮されておられるにも関わらず、保険漢方とは無関係な当方のような漢方専門薬局に意見を求めて来られるのである。

 お気軽に訊かれるお気持ちも分からぬでもないが、他の医療機関で目的あって出された筈の漢方薬を、僭越にも吟味することのデリケートな立場、しかも本業の時間を奪われるありがた迷惑な依頼。
 どうやってお断りするかが、何十年来の悩みの種である。

 明らかに間違った投与であると断言できるケースもかなり多いだけに、その場合に、市井の一薬剤師として、どのようなアドバイスを行うべきか、最近では病院から出された漢方薬についての御相談のお電話の場合は、具体的な内容をお聞きする前に、

 「処方された病院あるいは診療所にお訊ね下さい、目的あって処方された筈ですから、当方の立場もありますので、申し訳ありませんが・・・・・」

 という言い訳を述べて逃げを打たざるを得ないほど頻繁なのである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 11:32| 山口 ☔| 医師によるツムラ漢方など医療用漢方薬の誤投与問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

抗癌剤が逆効果となって一気に脳転移が生じ、お馴染みさんが突然無くなられたショック

 下咽頭癌で、手術不能とて放射線だけの治療となった。放射線治療が始まる前から、当方の漢方薬類でサポートの日々が続き、3年のお付き合いとなっていた。

 原発巣は完全に消滅したものの、肺の下部に小さな転移巣がみられていた。

 西洋医学的にも治療困難な状態だから、少しでもQOL向上の為に、漢方薬類の勢いを借りて、もっともっと長生きできるのではないかという期待があったが、突然亡くなられたというご家族の御報告。

 体力をしっかり維持していることから、肺の転移巣に対する抗癌剤を2年後にはじめて行った抗癌剤点滴治療時の副作用の出方が尋常ではなかった。

 ところがその1年後には、また体力もしっかり戻ったので、ご本人もやや躊躇されるところもあったものの、再度の大学病院の強い奨めに従ったことが、結果的にはまったく裏目に出てしまった。


 原発巣は放射線治療でほぼ消滅したまま、その前から漢方薬類もはじめており、副作用も目立ったものは何も出ず、途中再発しかかった原発巣も経過観察中にいつのまにか消退したほどで、最後まで原発巣からの再発はみられなかった。

 しかしながら、二度目の抗癌剤以降に、突然に脳転移を生じてあっという間だった。

 ほんの一ヶ月前まではいつもの機智と諧謔に富んだ演説をされてお元気に帰られていた後姿からは信じられない出来事で、これを書けるまでの気力を取り戻すのに一週間近くかかってしまった。
ラベル:副作用 下咽頭癌
posted by ヒゲ薬剤師 at 17:58| 山口 ☔| 抗癌剤の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする