ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2008年11月24日

お邪魔虫に電話で客ヅラされては堪らないっ!

 忙しい夕方の時間帯に、微調整の来局者が続いている最中に、またしても意味不明な電話のお問い合わせである。
 本日は珍しく男のくせにネチネチとなんとも執拗で、かけなおしてまで「お客に対して失礼ではないかっ!」というゴネ電話までかけなおしてくる始末。

 ことの発端は「高橋・・という人を知らないか? この人の名を検索したらオタクのサイトが出てきたが・・・」という問い合わせなのである。
 聞いたこともない名であるから、当然受付嬢は聞いたこともありません、知りませんを繰り返すが異常に執拗である。

 とうとうシビレを切らして「存じませんので申し訳ありません、失礼いたします」っと、いつになく丁寧にお断りして電話を切った受付嬢。

 たまたま店頭のご相談者はその筋の人である。だからおおっぴらに事の事実を話しやすいので、「きっとまたかかってくるような執拗なクレーマータイプに間違いないから、こんどかかってきたら出て下さいねっ」という話である。

 案の定、直ぐにかかって来た電話が、なよなよした男性の声で「お客に対して失礼ではないかっ!」という抗議の電話である。
 クレーマーのこのような常套句には慣れているものの、見知らぬ男の意味不明で執拗な問い合わせに、しかもどのような分際で客ヅラされねばならないのか、むかっ腹が立つばかりで、いつになく感情が先走る。

 ケンモホロロに蹴散らしたのは言うまでもないが、どうして電話のクレーマーにまで客ヅラされねばならないのかっ?

 誰が貴方に客になって欲しいと頼んだと言うのか?

 どうせやって来てもケンモホロロにお断りするのは目に見えているクレーマーである。

 ところで、面白いことにクレーマーに限って、クレーマーとは何だと、クレームを付けるのだから何とも面白いクレーマー達である(苦笑。
posted by ヒゲ薬剤師 at 02:02| 山口 ☔| 無礼な人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

薬局漢方で目覚しく改善したものを医療用漢方に切り替えるよう強く奨められる医師の責任

 病気の診断と治療は当然、病院の医師が行うべきものである。

 ところが、糖尿病と尿酸値の異常および尋常性乾癬などが合併して西洋医学治療と医療用漢方をもってしても改善の兆しはなく、対症療法の治療薬が増えるばかり。
 このような場合に困窮された患者さんたちのとられる行動は様々である。
 
 自費の漢方で少しでも改善が得られるものならっ・・・という強い懇請に応じて適切な漢方薬方剤を複数組み合わせて服用して頂いたところ、数ヶ月目にして顕著な効果が自覚症状の軽減と共に、検査数値にも歴然として現れた。

 欣喜雀躍した患者さんは医師に当方の薬局名を告げて、ここの漢方薬のお陰であることを告白したところ、血相を変えて、そんな自費の漢方薬を求めなくとも、医療用の安価な漢方薬があるのだから、即刻切り替えるように勧告する。

 ところが当然のことながら、当方から出している漢方薬類の殆んどの方剤が保険漢方には採用されていない。
 それを西洋医学専門の医師が即刻中止を命令して、保険漢方のみに切り替えたら元の木阿弥になることは歴然としている。
 このような子供でも分かりそうな無理難題を吹っかける医師がおられるのだから恐ろしい世の中である。

 これが患者さん本位の医療と言えるのだろうかっ?!

 「医は算術」と心得ている医師に遭遇すると不愉快千万で気が滅入り、ブログに八つ当たりしたくなるのだった。
posted by ヒゲ薬剤師 at 19:33| 山口 ☔| 漢方薬に無知な医師達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

相談だけ乗って欲しいという図々しい人

 昨日に続いて今日は、この忙しい土曜日に若い女性が図々しくも、相談だけ乗って欲しいという要求である。
 昨日の保険が利くと信じ込んでいたのは中年女性。

 どうして、こうも女性ばかりに非常識者が多いのだろう。真剣で真面目、しかも奥ゆかしい人が多いのも女性たちで、両極端である。
 男性はといえば、多かれ少なかれ諦めが早く、真面目な女性達のような徹底さを有している人は少ない。

 それはさておき、直接来訪する前に忙しい時間帯に例によって電話で「ちょっとお訊ねですが・・・」があって、初めての方には電話相談には応じてませんと、例によって受付嬢が早々にお断りしていたが、恐らく同一人物と思われる。

 直接やって来たら相談だけでも乗ってもらえると思ったに違いないが、いつも書いているようにジジババ薬局で、しかも土曜日といえば半ドンだが、土曜日にしか来れない人達がやって来る。
 だからなおさら、甘ったれた連中に付き合っているヒマは無い。

 本日も不定期に関西から日帰りで通って来られる人もあったほどだ。
 
 それにしても、相談だけ乗って欲しいという要求に敢えて応じるとしたら、そういう非常識な人達用に高い相談料を設定するのが一番かも(苦笑。
 30分・・・・・円とでも設定しますかっ???
posted by ヒゲ薬剤師 at 21:23| 山口 ☔| 無礼な人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする