ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2009年03月22日

個人的にやや不得意分野は精神症状が主体の漢方相談

年齢 : 50歳〜59歳の男性
御職業: 自営業
簡単なご住所: 関東地方
御意見や御質問をどうぞ: こんにちは 初めてメールを致します。
 恥ずかしいことですが、私は漢方薬の知識は殆ど御座いません。
 ただ漠然と勧められるままに購入しております。

 ただいろいろなHPを拝見していますと、「この人の漢方薬の知識はそうとう深いな。本当に飲む人のことを考えているな。」ということは分かって来ました。
 そこで是非、お聞きしたいのです。
 私は5?歳で男性です。最近、更年期の症状に似た現象が出ています。
 イライラ・不安・性欲減退・疲労感などなど。 睡眠はとれています。 内臓に異常はありません。 それと肥満です。

 勿論、本来は対面して顔色などを見て薬を選ぶことが基本だと思いますが、アドバイスという形でご意見を頂けますでしょうか?

 更年期(イライラ・性欲減退)・肥満(皮下脂肪が多い)に効く漢方を希望しています。 180p 84kg

  宜しくお願い致します。


お返事メール: いわゆる心の問題が大きく関わる神経症や不定愁訴症候群の類だと思われますが、実際の肉体的な疾患と異なって、漢方薬の反応も大きく個人差があらわれる領域だと思います。

 言い換えれば、適切な漢方処方と判断されるものを駆使しても、面白いほど効果が出てくれる人も多い反面、どのように工夫しても無反応で五里霧中になるケースもあります。とりわけ精神症状が主体の人に、どの処方を出しても無反応というケースが散見されます。

 ですから当方では必然的に漢方相談の中では、もっとも不得意分野と考えています。

 ところで、「ただ漠然と勧められるままに購入しております。」と書かれておられますが、もしもメール相談や電話相談だけで漢方薬を購入されておられるとしたら、ご自身の責任も大きいと思います。相手はそれで飯を食っているわけだから、それに乗じる貴方の責任も大きいと思います。

 おおかた柴胡加竜骨牡蛎湯や大柴胡湯、あるいは四逆散の類は「ただ漠然と勧められるまま」すでに服用済みであることと推察するところですが、この辺の漢方を服用されても効果がなければ、昨今の映画ではありませんが、「禅」の修業を行うのが最も早道かもしれません。

 精神症状が主体の疾患というものは、とてもデリケートな部分がありますので、信頼できそうな身近な漢方薬局などを見つけて、通い詰めるのが最も早道のはずです。

なお、既述のように当方では本物の肉体的な疾患の漢方相談を得意としており、精神症状が主体の場合は、やや敬遠気味の昨今です。

シジュウカラ
ラベル:漢方薬
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:31| 山口 ☔| 漢方薬の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

アトピー性皮膚炎に苦しむ人達の多くが食い意地の張った懲りない面々

 ほとほと懲りない連中である。アトピー性皮膚炎患者さんには肥満体の人は少ないのに、見かけによらず大食の人がとても多い。

 あるいは大食しない人でも、甘いものに目がない人がとても多い。
 男性ではアルコールが止められない。ほとんどアル中である。あるいはコッテリとしたものやスナック菓子、各種インスタント食品の馬鹿食いである。

 せっかく漢方薬が効果を発揮しても、スーパーに行けば大量に食料を買い込んで馬鹿食いする。あるいは会社の引き出しの中に甘い和菓子やチョコレート類を大量にしのばせて、一日中、むしゃむしゃがとまらない兵(つわもの)の女性達がとても多い。

 実に性懲りない面々である(苦笑。
 
ジョウビタキのオス
posted by ヒゲ薬剤師 at 21:30| 山口 ☔| アトピー性皮膚炎・酒さ、および各種湿疹類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

漢方相談に遠方から通ってくる人達

 高い旅費を使って遠方から定期的に通ってくる人も多い。関西や東海地方はおろか関東からでさえ、でも旅費が馬鹿にならないだろう。
 
 考えてみたら奇妙な仕事であるが、何の前触れもなしに突然遠方から泊りがけで来られる人こそ幸いである。ネットや文献などで当方を徹底的に調査して来られるケースが多いだけに、決意が固い人が多いからである。

 しかしながら、初めての人で予告電話がある場合は、受付嬢が必ずチェックする。どの程度の心積もりで来られるのか、単なる渡り鳥ではないのか?
 とりわけ代理の母親などから電話がある場合は、ご本人自身が本当に望んで来られるのか? どの程度本気なのか? 遠方といえども通えるのか?
遠来者で日帰りだけで済まそうとする考えは、チト甘い考えではないか? などなどっ。

 ホテルを取って二泊三日以上の旅程で前触れもなく突然やって来られる人は、例外もあるが、信念の固い人が多く、長続きがするので結局は成績がよいが、電話予告する人の半数以上は、受付嬢の厳しいチェックに諦めてしまうことが多い。

 だからやっぱり電話で及び腰のケースは信用がならず、明日行くなどと一方的に予約されても、半数以上はすっぽかされている。

 中途半端な気持ちで来られても困るし、遊び半分なら尚更こちらはやる気を失うので、チェックが厳しいのである。
 それでなくとも十分な相談時間とともに詳細な分析力を必要とする精細緻密な中医漢方薬学である(苦笑。

 真剣・真面目な仕事を一生続けようと思っているので、どうしても好い加減の気持ちで来られる人や、遊び半分や及び腰の人とはお付き合いしたくないのである。

 とどのつまりは、当方のブログ類の目的の一つは、クレーマーや遊び半分の人達に無駄足を踏ませないためのものでもある(苦笑。
 だから予告ナシに来られた人の中でも、クレマー的な様相が強い場合や、中途半端な気持ちで来られている場合は、たとえ遠来者でもキッパリとお断りしている。

ジョウビタキのメス
ラベル:嬉しい話
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:29| 山口 ☔| 嬉しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

官僚支配、日本の悲劇

 改正薬事法とやらのお陰で、右から左に大きく豹変するとんでもない改正がなされて、薬業界は昨今、皆がみな、右往左往している。

 潰れる薬局が続出するだろうし、その煽りを受けて弱小製薬会社はバシバシ倒産するだろうと予測されている。
 この不況下に行われる官僚による恣意的な薬事法改正によって、多くの薬業界の人々が路頭に迷うことになることは目に見えている。

 罪深い連中である。味噌も糞も一緒にして丸ごと右から左に大きく方針を変える魂胆はどこにあるのか、まったく理解に困しむところである。

 具体的な内容を書くと煩雑だからここでは書かないが、薬業界にいる人間なら、何のことを言っているか皆が承知のことである。

 実際には法理論的にも看過できない大きな矛盾と瑕疵(かし)があるので、法としては成立し得ない部分があるものと思える。

 将来、問題事例が生じた時点で具体的に指摘して大きく論じるつもりである。
 そのような問題事例が続出するはずだから、その時こそ我が拙いブログ類が大活躍する時である。

posted by ヒゲ薬剤師 at 00:45| 山口 ☔| 厚生労働省の憲法違反 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする