ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2009年09月28日

大建中湯を冒涜する医師たちの乱用

    アオサギ
    アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ

 本来、大建中湯は適切に用いれば、かなりな速効が期待できる名方である。
 ところが、昨今、保険漢方における乱用による副作用被害の相談が頻繁である。軽度の副作用といえども、誤投与による副作用だけに看過出来ない問題である。

 体質を選ばない開腹術後の投与は日本国中で行われる不気味な時代、単なる一時的な便秘レベルでも乱用される医師には驚かされたのがつい先日のことである。

 しかも、1回2包1日2〜3回の投与で、体重が軽い女性には1日2回であっても、通常は1日3回で1回2包の服用であると、その医師は自慢げに患者に告げたという。

 先日、野球の王さんの腸閉塞が報道されたのをきっかけに、単なる軽度の便秘を心配して受信された女性が、診断は単なる過敏性大腸炎だということで、上記の大建中湯を処方された。

 このような安易な投与によって次に何が起こるかは想像に難くない。全身がメラメラと火照り、残暑が強い昨今の季節では耐え難いほどだという苦情が、なぜか当方に寄せられた。

 関わりたくもないので「投与した医師に苦情を持ち込むようにっ!」と云いたいところだが、以前からのお馴染みさんでもあるから、敬遠することも出来ない。

 即刻中止するようにアドバイスし、適切な漢方薬(麻子仁丸製剤)を渡しておいたが、もともと基礎疾患に膠原病を持つ人だから、辛温の薬物が沢山配合された方剤を不必要に投与されると、肺陰や腎陰が損傷されて碌なことはない。

 無知ほど恐ろしいものはないが、患者さんの無知は当然としても、投与する医師たちの無知さ加減、漢方医学や中医学の基礎知識が皆無としか思えない先生方の保険漢方乱用の実態は想像絶する恐ろしい時代に突入している。
 一昔前まで、

 漢方薬なんて迷信だっ!
 漢方薬で病気が治れば世話はないっ!
 漢方薬は信じません。

 などなど、漢方薬を目の敵(かたき)にされていた多くの開業医の先生方が、保険適用の漢方が増えるにつれ、ガラッと態度が変るあの豹変振り。
 
     ホオジロ(オス)
     ホオジロ(オス) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲ薬剤師 at 21:34| 山口 ☔| 大建中湯の誤投与による不快反応や副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

アトピーに寒涼薬過剰投与が行われる一方では温補剤の過剰投与

    逆光のムクドリ
    逆光のムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ

 昨今のアトピー性皮膚炎をこじらせてやって来られる人の多くは、朝鮮人参含有の温補剤の過剰投与や、ニンニク療法、半身浴の長風呂や真夏でも靴下を履いて水虫を増殖させるような温め療法により、熱性炎症を全身に蔓延させてやって来られるケースがほとんどである。

 アトピーに限らず、あらゆる疾患の原因が冷えであるという極めて短絡的で幼稚な信仰による結果がこの通りである。

 ところが最近では珍しく石膏剤や温清飲系列の方剤を一年間も病院で投与された挙句に、脾肺腎を大きく損傷して弱り切って来られた人もおられる。

 ここまで来れば却って人参や黄耆の配合が必須となるが、脾肺の機能が回復したところで、本来の体質に戻る可能性が高いので、頃を見計らって補腎剤を加え、熱化しかかったところで適切な清熱剤の適量を加えるなり、臨機応変の配合変化が必要になるだろう。

 一方では、生まれながらに腎陰虚証体質者であるのに、二年間に亘って生脈散を主体にした人参配合製剤を投与され続けた挙句に、ステロイド軟膏さえ効かなくなり、実熱証に激しい虚熱も合体して重症化して来られた人もおられる。

 しかしながら、他の医療機関や漢方専門薬局などで、誤治に誤治を重ねられて最悪に近い状態になっている人ほど、意外に根性があり、決死の覚悟で頑張られるので、中途半端な段階で来られる人よりも経過がよいケースが多いのは不思議である(苦笑。

    逆光のムクドリ
    
逆光のムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲ薬剤師 at 06:09| 山口 ☔| アトピー性皮膚炎・酒さ、および各種湿疹類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

温め療法や温補過剰により熱邪を伴った瘀血証が蔓延

    トンビのボクチン
    トンビのボクチン posted by (C)ヒゲジジイ

 昨今は熱邪を伴った女レ件リを呈する人達がやけに多いと感じていたが、当方に辿り着くまでには異常なブームとなっている温め療法のみならず、ニンニクや生姜類を過剰に摂取していたり、あるいはこれまで各地の病院で保険漢方により温補剤が長期間投与されていたり、あるいは各地の漢方薬局で同様に人参製剤やニンニク抽出成分配合の医薬品や健康食品を継続服用されていたり・・・・・・。

 おそらくこれらが原因により熱盛血瘀を誘発・助長したものと考えられる。
 血液を鍋で煮込んだらどうなるかをイメージすると分かりやすい。温補過剰になると血行が良くなるのを通り越して、過剰な温補によって血液が煮詰められて粘稠となり、運行不利を来たし兼ねないのである。

 この温暖化の時代、冬の暖房設備も充実した時代にあっては、よほど衰弱した人達でもない限り、しっかりした根拠がない限りは温補剤の投与は慎重でなければならないはずである。

 あるいは温補剤で熱証を誘発したくなければ、正確な弁証論治を心がけ、寒熱併用のバランスの取れた配合を心がけるべきである。

 ところが、体質を無視して温めれば病気が何でも治るかの如き「病気の原因はすべて冷えにある」などと極めて幼稚な妄言が日本国中に蔓延している現状を見ると、そろそろ日本も終わりだな〜〜〜と実感する昨今である。

関連ブログ:温め療法が流行る昨今、ニンニク過剰摂取による弊害が頻出
参考文献:警告:無謀な温め療法!


     トンビのボクチン補遺
    トンビのボクチン補遺 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:21| 山口 ☔| 温め療法の弊害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

延長戦の多い日々

    トンビのボクチン補遺
    トンビのボクチン補遺 posted by (C)ヒゲジジイ

 喜んでいいのやら、悲しむべきか、今月は延長戦が続く。

 重大な疾患を我が漢方薬で回復された地元の常連さんたちによる御紹介で来られる人が続くからである。

 9月になって慌しい日々。夏バテが出て来る季節でもあるから、やはり老体にはやや応える。

    トンビのボクチン補遺
    トンビのボクチン補遺 posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:漢方薬
posted by ヒゲ薬剤師 at 05:32| 山口 ☔| 漢方薬の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

老体には応える日々が続くのか?

    シジュウカラ
    シジュウカラ posted by (C)ヒゲジジイ

 新改正薬事法施行の6月以降は却って忙しさを増し、7月も同様、この調子が続けば老体に応えるな〜というまもなく、8月にはやや仕事量も減り、盆休みもあってちょうど良い仕事量となって嬉しいような悲しいような・・・6月以降の新人さんには適切な漢方薬が見つかって以後でも補充注文で発送ということができない。

 昨今は、憲法違反の常習確信犯的な厚生労働省による一省令のために、補充注文さえ遠路はるばる病体を鞭打って来局願わねばならない暗黒時代。

 9月に入った途端、6月以前からのお馴染みさんや古くからの常連さんからの補充注文の発送業務も重なって、日毎に仕事量が増え続ける。

 安定した効果が出る漢方薬の配合が特定できたのだから、本来なら遠路はるばる来られなくとも発送に切り替えれば済むところを、暗黒時代を象徴する理不尽な厚生労働省による一省令のために、病体に鞭打って来局される人達を見ていると、官僚支配のこの国が、次第に崩壊する前兆を見ているような不思議な気分に襲われる。

 かたや無表示医薬品を長年行っている漢方薬局が、発送代理人なるものを捏造して相変わらず6月以降も新人さんへの発送業務を止めないツワモノは数多い。
 無表示医薬品という薬事法違反のほうが、省令違反よりもはるかに罪が重いことを知らないはずはない。

 世の中、このように矛盾だらけで不愉快だから、監督官庁の憲法違反の省令に日々噛み付きたくなる毎日。

 地元の薬務課に文句を言っても直接厚生労働省に云ってくれとくるっ!
 云っても聞く耳持たないから地元の薬務課に苦情を出すのだろうがっ。

    シジュウカラ
    シジュウカラ posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:36| 山口 ☔| とんでもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

防已黄耆湯と防風通聖散を処方された女性からの御質問

    フグをゲットして遁走するウミネコ
    フグをゲットして遁走するウミネコ posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 30歳〜39歳の女性
御職業 : 会社員
簡単なご住所:関東地方
御意見や御質問をどうぞ : はじめて質問させていただきます。

 以前も質問にありましたが、(若干内容は異なります)私は現在、防已黄耆湯と防風通聖散を処方されております。

 証としては、色黒。汗をかきやすい、けれども、ひどいむくみで、飲む量に比べて、尿の量は少なめ、便秘です。お腹周りの脂肪もあります。

 どちらかといえば、防風通聖散よりなのかな、とも思いますが、むくみや尿の排出が悪いところあたりは、防已黄耆湯かとも思いますが、こちらは同時に服用しても大丈夫なのでしょうか?

 どちらかというと正反対の漢方のような気がして、このままでよいのか、と思います。

 防風通聖散を服用しだした頃は、便秘も解消され、トイレの回数も増えたのですが、一年ほど経過して、また便秘気味、むくみもひどくなったら、防已黄耆湯を処方され、一時はむくみが解消されたような気もしましたが、最近では、やはりそれぞれの症状が元に戻っているような気がします。

 医師に相談しても「飲み続けてみて」というだけなので、これでよいのかと思います。
 本来は医師にちゃんと聞くべきなのでしょうが、大丈夫というだけなので、漢方に詳しい御師にお伺いできれば、と思いました。

 どうぞよろしくお願いいたします。

    フグをゲットして遁走するウミネコ
    フグをゲットして遁走するウミネコ posted by (C)ヒゲジジイ

御返事メール:
>防風通聖散を服用しだした頃は、便秘も解消され、トイレの回数も増えたのですが、一年ほど経過して、また便秘気味、むくみもひどくなった

とのことですが、幸いにもそこまで効果が出た時期があったのでしたら、その後も規定通りの服用分量を維持・継続されたのでしょうか?

 服用量が次第に減って1日の服用量が減ったために効果が激減したという例は、他の漢方薬でもしばしば見られることなのですが・・・しっかり服用量を守られた上で、次第に効果が無くなったというのでしたら、配合の調整が必要になるのは当然の帰結です。

 防風通聖散には便秘に対する大黄や芒硝が含まれていますので、便秘症くらいは改善することが多い方剤です。
 但し、この方剤で逆に浮腫を生じた人もいるくらいですから、貴女の場合はむくみが一時取れて幸運だったといえます。

 汗かき体質を目標に防已黄耆湯を追加されたということですが、間違った合成薬を服用した時のような重大な副作用が生じることはありませんが、甘草という成分に敏感な人は、両者の処方に含まれており、甘草の服用量が二倍に増えるために却って浮腫や血圧上昇が生じる可能性なきにしもあらずです。

 このような配合は、世の中ではしばしば行われるもので、さらに大柴胡湯まで加える配合も折々に行われています。脂肪太りの防風通聖散体質と、水太りの防已黄耆湯体質と、筋肉太りの大柴胡湯体質が合併している人は珍しくないからです。
 小生自身も日本流の漢方を信奉していた今から二十五年以前の時代には、そこまでの配合(防風通聖散・防已黄耆湯・大柴胡湯の三種類の併用)を服用してもらったこともありますが、昨今では防風通聖散は当方の薬局には存在しません。

 ともあれ、体質改善には数年以上かかることは珍しくないので、防風通聖散に防已黄耆湯の併用は、やっていけないという規則はないので、主治医が自信をもって処方されたのなら、信頼してしばらく続けてみるのもアリかもしれません。
 但し、思わぬ不快症状(逆に浮腫がひどくなったり血圧が上昇するなど)が出てくるようでしたら、即刻中止され、このような配合は貴女に逆効果で継続服用してはならないということになります。

 最後に、上記に記したような「脂肪太りの防風通聖散体質と、水太りの防已黄耆湯体質と、筋肉太りの大柴胡湯体質」というのが日本漢方の通り相場ですが、実際にこれらを使用されてキャッチコピーで宣伝されるほど、そうそううまくいくとは限りません
 水太りの防已黄耆湯が噛み合った時は、凄まじく減量できた人がタマにはありましたが・・・。

   フグをゲットして遁走するウミネコ
    フグをゲットして遁走するウミネコ posted by (C)ヒゲジジイ

おり返し頂いたメール:早々に、またご丁寧に分かりやすい回答、ありがとうございます。

 残念なところ、お医者様は「こういうお薬があると聞いたのですが、いかがでしょう?」と聞くと、「じゃぁ試してみましょう」と、実証の確認も何もなく(ついでに説明もなく)処方してくださるもので・・・。

 むくみ自体は朝33センチのふくらはぎが、デスクワークですが、夕方には37センチになるほどで、帰りに自転車をこいでも思うように足が曲がらない始末ですが、これでも以前よりは楽にはなっているので、両方服用しても問題がないとのことですので、もう少し試してみようかと思います。

 本当にありがとうございました。

    フグをゲットして遁走するウミネコ
    フグをゲットして遁走するウミネコ posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:漢方薬
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:15| 山口 ☔| 漢方薬に無知な医師達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする