ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2012年06月26日

漢方治療で興味深い症例を通読してみたら、まったく読む価値がなかった理由

体調が悪いボクチン
体調が悪いボクチン posted by (C)ボクチンの母

 ネットサーフィン中に興味深い症例の漢方治療のHPやブログを通読して、いつも決まって落胆する理由は、ほかでもない、長々と症状と分析を書かれているところまではよいとしても、決まって実際の漢方処方の配合内容をすべて秘匿されているからである。

 何のことはない。
 かくのごとく思わせぶりを書いて、客寄せに使っているだけだから、何の得るところもない。

 ところがこれはこちらが漢方の専門家だから思うだけで、きっと一般の人達が読んだら、すごいな〜っ、ここへ行ったら治してもらえるのだろうな〜っ、と淡い期待を抱くだろうし、またそういう作戦にいつも成功しているのに違いない(苦笑。

 ともあれ、これだからネット情報というのは、その分野のプロにとっては、ほとんど役に立たないことが多いのである。

 昨今のご時勢、ネット社会もご他聞にもれず、學問よりも金儲けや商売のことが優先のようで、特定の漢方処方名で検索すれば、学術的な文献は後回しにされて、ほとんどが特定メーカーの商品の販売サイトばかりが軒(のき)を連ねて検出される。
 一般の人には役立つのかもしれないが、プロにとってはまったく役立たず。

 願わくば、検索順位を学術的なものを優先して欲しいものだが・・・。
 まっ、どうせ無理だろうけど。
 連中の頭の中には商売のことばかり、つまり金儲けのことしかないのだろうから。

心配顔のボクボク
心配顔のボクボク posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 20:26| 山口 ☁| 困った人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

一ヶ月前から湿疹が治らないと言って来られた女性の場合

IMGP2591
IMGP2591 posted by (C)ボクチンの母

 今年の4〜6月にかけてはアトピーの新人さんがたくさん増えた。
 それほど今年は皮膚病が悪化しやすい年なのかもしれないが、本日は一ヶ月前からの急性湿疹が皮膚科の治療でも治らないという若い女性がやって来た。

 通常なら重症化して何年も治らないアトピー性皮膚炎や慢性湿疹の人達が腰を据えて漢方治療を求めて来られるケースがほとんどだが、急性湿疹が治らないからといって発病後まだ僅か一ヶ月。
 殊勝な心がけだと思っていたら、案の定、二十年前、母親が急性湿疹にかかった折、皮膚科で治らないので当方に訪れ、その時の漢方薬で速治した経験があるのだという。
 一度購入した漢方薬で速効で治りきってしまったので、一度っきりのご縁だったという。

 このようなケースがあるから、病歴が短い疾患では漢方薬も往々にして速効がでるから、一度きりのご縁で、二度と来られないから効いたのやら効かなかったのやら、今の今まで知らなかったことになる。

 当時の相談カードは奥に保存してあるはずだが、いずれ探して確認して起きたいと思っている。

IMGP2766
IMGP2766 posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲ薬剤師 at 22:35| 山口 | アトピー性皮膚炎・酒さ、および各種湿疹類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

数日前に初めての人が電話で土曜日に伺いますと予告されながら

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

KSC_5974
KSC_5974 posted by (C)ボクチンの母

 案の定、電話で初めての人が土曜日に伺いますと予告されながら、やっぱり来られなかった。このように一方的に予告されながら来られないケースは7割以上の打率だから、イチロー選手の打率より遥かに高い。

 新人さんで本気の人達のほとんどが、予告なしに突然来られる。
 
 いずれも真剣で真面目な人達が多いのだが、一昨日は例外で、通える自信もない男性が、手術前に漢方で何とかならないかと話しだけを聞きに来られた模様。

 漢方でやれば何年もかかるし、自費の漢方だから一定の経費は免れないし、しばらくは定期的に通ってもらう必要があるから貴方には無理でしょう。中途半端になっても時間と経費の無駄だからときっぱりとお断りするのだが、断られるのが気に入らないといってネチリネチリとやられてメールの返信や常連さん達の注文品発送の送り状などの発行が遅れに遅れてしまった。

 同じ類の病気で通っている人がどんなに真剣に通われているかの例を出して話そうとすると

「そんなことはどうでもよいけどっ」

と無礼な発言にはとうとう堪忍袋の緒が切れて、ケンモホロロに強くお断りして帰ってもらった。
 こちらがこれでも精一杯気を使って説明してあげているのに、そんなことはどうでもよいなどと、よくぞ言えたものである。

 これだから無礼者は絶対に御免である。

 話しがだいぶそれてしまったが、一方的に予告しながらこちらから返すお返事に愛想がないからといって予告をすっぽかすくらいなら最初から電話をかけないで欲しい。
 ありがた迷惑この上ない。

 こんな本音ばかり書いているから、予告なしに一大決心で来られる真剣で真面目な人達さえ、最初は相当に緊張されて来られることになる。
 でも、このお互いの緊張感が最初にあるからこそ、弁証論治に集中できるのである。
 ところが数回通ううちに、ほぼ全員が打ち解けて気軽に通えるようになるのだった。

 最初こそお互いに緊張感が重要だが、数回通ううちに多少とも気心が知れて気軽に通えるようになるのが最も理想的なペースで、その頃には的確な弁証論治によって漢方薬の治療効果がフルに発揮しはじめることが多いのですよ。

KSC_6050
KSC_6050 posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲ薬剤師 at 21:25| 山口 ☔| 一方的に予告しながら実際には来ない人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

よくこれで経営が成り立ってるのが不思議な漢方薬局のブログ

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へにほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

ZZZ_4712
飛んでるボクボク posted by (C)ボクチンの母

 3年くらい更新してないブログを発見。

漢方と漢方薬の将来のためにと、いかにも専門分野の哲学的な考察でもあるのかと思ったら、何のことはない。
直接来局の方、あるいは電話のお問合せで、漢方薬販売をお断りした事例集
という副題がついていたっ!

 我ながら、経営に支障を来たしかねないこのような内容の事例集をよくぞ臆面もなく書き連ねていたものだと関心するやら呆れるやら。

 といってもメインブログの漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告でも、性懲りなく大同小異の内容を懲りずに相変わらず折々に書いていることを思うと苦笑を禁じ得ない。

 ブログに本音を書いて鬱憤晴らしをする悪習がコビリツイテしまったようだ(苦笑。

ZZZ_4741
飛んでるボクボク posted by (C)ボクチンの母

ZZZ_4743
飛んでるボクボク posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 22:32| 山口 ☀| 困った人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする