ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2013年04月28日

多くの進行癌や転移癌、あるいはステージ4と診断されている癌患者さんたちにいつも喜ばれているアドバイス

IMGP8588
IMGP8588 posted by (C)ボクチンの母

 昨今、偶然にせよ肺腺癌でステージ4と診断され、骨転移や脳転移がありながら、一定の体力を維持しているとのことで遠路はるばる来局される人が続いている。

 数年前から来られている悪性リンパ腫のご高齢者は、ご高齢にも関わらず聡明な判断力と信念を持たれていた人だから、ステージ4と宣告され、ご家族にも予後不良を告げられていたが、予想外に牛黄製剤などで大きくバックアップすることが可能となり、点滴による抗癌剤治療による副作用がほとんど生じないので、6クールまで行うことが出来た。
 その結果、ほぼ癌細胞は原発病巣のみならず各所の転移巣もすべてほぼ消滅したまま、ご高齢にもかかわらず少なくとも5年以上は再発はみられないだろうとの主治による予測さえ得られたほどである。

 ともあれ、最近続いている肺腺癌のステージ4と診断されている人たちは比較的年齢も若いのだが、当然、予後の心配は深刻な状態であることに変わりは無いので、ずばり「人は死んでも死な」ない厳然たる事実をお伝えしている。
 人によっては既に承知でいる反面、ヒゲジジイのとんでもない?発言に意表を突かれた表情をされる方も多い。

 まずはその厳然たる事実を知ってもらうために、東大医学部教授の矢作直樹氏が書かれた『人は死なない』という書籍を紹介して、必ず通読されるようにアドバイスする。もっと高度な知識を得たい人には矢作直樹氏が監修されたムーディ氏の近刊書『生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論』を紹介する。

 そこでやや飛躍した話しとして、人はこの意識を持ったまま死後も不滅であることをしっかり認識してもらって、だからこそ現世こそ学習の場と心得て、決して悲観することなく前向きに生きるべきこと。
 また漢方薬を利用するにあたっては霊界と交流が自由だったと思われる中国古代の神農さんが選りすぐった漢方薬を通じて、もしかしたらあの世(霊界)の医療団の応援まで得られるかもしれないなどと、冗談とも本気とも取れる真剣なアドバイスを行うのである。

 ところが、上記のステージ4の悪性リンパ腫が完全寛解に近いレベルで安定しておられる方は、代理で購入に来られた身内の方の話では、ご本人は死んだらすべて終わりだと信じ込んでいるというので、上記の話題を持ち出すと、このことをしっかり説得したいと思うので読むべき書籍をたくさん紹介してほしいと真剣に受け取られ、大いに喜ばれていた。

 人の死後存続をどうしても納得できない唯物主義者の皆さんは、ダーウィンが唱える以前に最初に「自然淘汰説」を提唱したウォーレスの言葉「事実とは頑固なものである」の名言を思い出すべきである。
 その後、ウォーレスは霊的流入説にもとづいた「進化論」を提唱したのだが、低次元のダーウィンの「進化論」こそが真実と認められた当時の歴史的制約の影響が今日に至るまで続いている現状には唖然とさせられるばかりである。

関連ブログ:漢方治療とスピリチュアル・ヒーリング(心霊治療)の有効率比較

参考ブログ: 
肺腺癌
悪性リンパ腫
悪性腫瘍・癌(がん)

IMGP8608
IMGP8608 posted by (C)ボクチンの母

2013年04月11日

脳転移に対する漢方薬

IMGP5267
IMGP5267 posted by (C)ボクチンの母

 先日、東海地方からステージ4の肺腺癌で脳転移と骨転移が生じている割には、とてもお元気な人が、遠路はるばるやって来られて、脳転移に対する漢方薬を求めて来られた。
 あくまで脳転移だけに多少とも対抗できる漢方薬だけでよいとのご希望なので、良質な牛黄製剤だけを提供するにとどめておいた。

 これまでも乳癌による脳転移で、しばしば痙攣を生じていた女性に、牛黄製剤や麝香製剤で、諸症状をかなり緩和することが可能となり、病院治療とも相俟って、数年以上もお元気で過ごされた例などの実績がある。

 皆さんにうまくいくとは限らないかもしれないが、牛黄製剤などは一度は試してみる価値はあると思われるが、やはりここでも問題になるのが品質によっては効果が大きく左右される可能性もある。

参考文献:肺腺癌の漢方薬

IMGP5866
IMGP5866 posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:39| 山口 ☁| 各種癌による脳転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

乾癬性関節炎(関節症性乾癬)および尋常性乾癬の患者さんたちは・・・

IMG_7058
IMG_7058 posted by (C)ボクチンの母

 タイトルの疾患で来られる人達は、アトピー性皮膚炎よりも遥かに少ない。
 少ないとはいえ、最近目立つのは関東地方や甲信越地方など遠方の人たち。

 前者の乾癬性関節炎(関節症性乾癬)は大学病院などで生物学的製剤など様々に駆使されてもCRP値などが高値を示し、骨破壊も進行が著しい状態ながら、遠路はるばる通い詰められ、二年がかりでCRPがしっかり正常化し、骨破壊の進行もしっかり食い止めることが出来た。
 同時に乾癬もかなり寛解するに至っている。

 但し、通常の配合ではしっかりと炎症を抑えることができないので、ご家族が医療関係者(複数のお医者さん)であることを幸いに、中国国内の常用量の文献を提示して了解を得て、一部の漢方薬を中国における常用量を使用してもらうことで、ようやくしっかりとした消炎効果を発揮させることが可能となったものである。

 一方、よくみれれる尋常性乾癬患者さんでは、昨年の年末ぎりぎりで遠路はるばる来られたが、数日間の泊りがけで来られた最中に三種類の方剤の併用で一気に効果を発揮し、二回目にはさらに一処方を追加してますます良好。
 配合の微調整をほとんど行う必要がないまま、極めて順調に経過している。

IMGP5161
IMGP5161 posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 23:43| 山口 | 尋常性乾癬および乾癬性関節炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする