ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2014年07月12日

人間の本質を深く知るには笠原敏雄氏の諸著作と氏の翻訳した書籍類を読破するに限る

2009年7月12日のボクチン(5歳)
2009年7月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 フロイト学派や新フロイト学派の唱えるものと真逆な仮説を展開し、進化論においてもダーウィニズムもネオ・ダーウィニズムなどぶっ飛んでしまう。

 笠原敏雄氏の諸著作を読むと、真の科学的考察というのは唯物論的科学を批判的に継承しつつも、それを大きく乗り越える一大飛躍が必要であることを教えられる。

 人間の本質を解明しようとするとき、唯物論的科学ではあまりにも大きな限界がありすぎる。

 このような優れた人物が日本の心理学者に存在することは実に名誉この上ない筈なのに、ブームを追いかけるばかりで浅薄極まりないマスゴミには滅多に取り上げられることもない。

 怪しげなスタップ細胞などとは次元が異なり、実際にはノーベル賞級以上の実証性を伴った斬新な仮説を多く提唱している人であるが、それを真に理解する人は、まだまだ少数に限られるのかもしれない。


村田漢方のメインブログにおける笠原敏雄氏に言及したブログの案内:
  笠原敏雄:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

 わずかでも、参考になる記事だと思われましら、応援のクリックをお願いします⇒にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年7月12日のボクチン(5歳)
2009年7月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年7月12日のボクチン(5歳)
2009年7月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
 

 
posted by ヒゲ薬剤師 at 18:28| 山口 | 嬉しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

あの号泣議員を見ていると同じ人間であることが恥ずかしくなる

2010年7月8日のボクチン(6歳)
2010年7月8日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 あの号泣の議員の姿を見ていると、同じ人間であることが恥ずかしくなる。

 あれを見て以来、ほんとうに憂鬱な毎日である(苦笑。

 やっぱり地球という「惑う星(惑星)」に生まれ出る人類の品性は、猫にもはるかに劣るというべきかっ。

2010年7月8日のボクチン(6歳)
2010年7月8日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年7月8日のボクチン(8歳)
2012年7月8日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲ薬剤師 at 07:03| 山口 ☔| ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

ボケ防止を兼ねて毎日メインブログの更新

2009年7月5日のボクチン(5歳)
2009年7月5日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 いつまで続くやら、ボケ防止を兼ねて毎日メインブログ⇒漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告の更新を義務化している。

 2012年11月8日に亡くなった愛猫のボクチン(茶トラ)の写真が何万枚も残っているので、同月同日の写真を貼る楽しみとボケ防止を兼ねて、毎日欠かさずブログの更新を心がけているものの、日によってはブログネタが尽きそうになりながらも、寸前になると、今のところよい具合にネタが湧いて出て来る。

 ネタが尽きたところで、ボケの始まりかもしれないので、薄氷を踏む思いである(呵呵。

2010年7月5日のボクチン(6歳)
2010年7月5日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2014年7月4日のトラちゃん(一歳未満)
2014年7月4日のトラちゃん(一歳未満) posted by (C)ボクチンの母




posted by ヒゲ薬剤師 at 07:30| 山口 ☁| 息抜き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

朝から午後三時まで昼食が摂れないで連続は応える

2009年7月2日のボクチン(5歳)
2009年7月2日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 水曜日になれば、通常なら少し時間的な余裕が出来るはずの日に、朝から途切れることなく午後三時近くまで連続となると、心身ともにかなり応える。

 食欲まで失せてしまうので、ようやく時間が取れても遅くなった昼食すら直ぐには取れない。

 これに常連さんたちの発送依頼が重なると地獄の忙しさになるが、幸いにもその後は店頭が閑散として来たので、それからはゆったりとした時間が流れた。

2009年7月2日のボクチン(5歳)
2009年7月2日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年7月2日のボクチン(8歳)
2012年7月2日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 18:55| 山口 | ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする