ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2015年08月30日

転移癌でステージ4と診断され、西洋医学で打つ手がなくなって、ようやく漢方薬に気が付く人が年々漸増している

2015年08月29日の茶トラのトラちゃん(2歳前)
2015年08月29日の茶トラのトラちゃん(2歳前) posted by (C)ヒゲジジイ

 常套句ではあるが、もっと早く来られていたら、と思うことが多いのだが・・・。
 それでも過去にはスキルス胃癌で卵巣転移も生じ、術後の抗癌剤投与で腫瘍マーカーが激増したために、西洋医学を諦めて、漢方薬類に賭けて奇跡が起こり、根治してしまった人が地元におられる。

 昨今も、各種の転移癌でステージ4で、西洋医学で打つ手がなくなってこられる人も多く、あるいは抗癌剤の副作用に耐えられなくなって、西洋医学治療を断念して来られるケースなど。

 今年いっぱいは生きれるでしょうか?と不安な疑問を漏らす方も多いが、神のみぞ知る。

 それについては、人は死んでも本当は死なないことを縷々説明してあげることで、それを素直に受け入れた人ほど、劇的に漢方薬が効果を発揮する傾向が強い。

 ずばり、死に対する不安と恐怖心がなくなればなくなるほど、免疫はより向上しやすいことは想像に難くないだろう。

 だから、末期癌の漢方相談を受ける場合は、まずご本人が本気で漢方薬に賭けたいと情熱がある人以外は、お断りせざるを得ないのだが、ご本人が漢方薬に賭ける意欲が強い場合には、しっかりご相談に乗って、必ず、死後の世界の話をさせてもらう。

 万一のことがあっても、死後の世界もまんざら捨てたものではないことに納得されればされるほど、死に対する恐怖心が去るので、より免疫は向上し、時には劇的に漢方薬が奏功するのである。

 たとえ上記のような奇跡が生じなくとも、少なくとも医師に宣告された期間よりもはるかに長期間、あるいは何年間も元気で生活できるケースがとても多い。

 但し、原発巣と転移巣などの把握はもちろんのこと、現時点での自覚症状と他覚症状を総合的に分析した弁証論治にもとづいて、適切な配合方剤類を組み合わせてしっかり服用してもらうことが必要なことは言うまでもない。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2015年08月29日の茶トラのトラちゃん(2歳前)
2015年08月29日の茶トラのトラちゃん(2歳前) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年8月30日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月30日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲ薬剤師 at 19:50| 山口 ☁| 進行癌や転移癌・ステージ4など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

台風が来る前に頂いていた、心霊体験談の予告おたより

2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半)
2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半) posted by (C)ヒゲジジイ

 母上様とご姉妹が霊感体質の女性からの楽しみなおたより。

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:40〜49歳の女性
【 おたよりと補充のご注文 】:

 いつもお世話になっております。
 予定では、明日お薬の補充でそちらに伺わせて頂くつもりでしたが、台風の影響がありそうなので、今回もまたお薬を送って頂けないでしょうか。

 今回送って頂きたいお薬は、
(合計8種類)
 以上です。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 夏の間は、おかげさまであの猛烈な暑さにしては元気に過ごせました。
主人が夏バテ、息子が夏風邪(喉がすごく腫れて、高熱が続きました)だったのですが、私一人元気でした。漢方薬をいつも飲んでいるおかげだなと思っています。

 夏の間に、母がまた不思議な体験をしたので、今度お伺いしたときには是非そのお話をさせて頂きたいと思います。

 朝晩はすっかり涼しくなってきましたので、体調にお気をつけてお過ごしください。

2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半)
2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 お元気そうで何よりです。
 
 母上様の不思議な体験、お聞きするのが今からとても楽しみです!!!

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半)
2015年08月28日のシロちゃん(メス2歳半) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年8月29日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月29日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年8月29日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月29日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 14:54| 山口 ☔| 嬉しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

「攻撃の声が高ければ高いほど、嘘が大きい」という法則

2010年8月25日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月25日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 さきほど、台風の目に入ったのか、とても静かになったので、ちょっと憎まれ口のフレーズを読んだところで引用。

 保守的な歴史家、ポール・ジョンソン著の『キリスト教の2000年』の上巻を読んでいたら、89頁の「三世紀までは主流はむしろ異端派」というところで、
このように初期のキリスト教の論争には、陰険なゲッペルスの法則、すなわち、攻撃の声が高ければ高いほど、嘘が大きいという法則が働いていた。

 これは、まるで昨今の日本の国会、安保法案論争の状況とまったく同じではないか!

 どちらが声が高いかといえば、明らかに野党やマスゴミ、硬直した理念に陶酔する学者さん達や、洗脳された市民運動家や学生さんたちの声高な非難。

 世界の現況を直視できず、理念に溺れる恐ろしさは、他の書籍でもポール・ジョンソン氏が繰り返し警告を発してきたが、日本にはまだまだマルクスやサルトル、ラッセルなどの後継者が多いので困ったものだ。

 哲学ならカール・ポパー、経済学ならハイエク、歴史学ならポール・ジョンソン、このお三方なら無難なところでしょう。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年8月25日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月25日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 09:32| 山口 ☔| とんでもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

人に紹介されて漢方相談に来られる人の問題点

2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 世の中には親切な人が多く、ご自身が当方の漢方薬で治ったことが嬉しくて、盛んに身近な人に紹介されるお気持ちは分かるけど、紹介されるほうにとっては、実際にはアリガタメイワクなことも多い。
 漢方薬は絶対に信用しない人ばかりか、経費的な問題も大きい。

 だから、他の人を紹介したがる御親切は重々承知しながらも、皆さんには紹介は不要だと宣言している(苦笑。

 本気で漢方薬を利用されたい人は、たとえ紹介されたことがあっても、自身でしっかり調査熟考され、実際に漢方相談に来られたときには、紹介者のことは一切口にされない。

 その後、しっかり病状が回復されて親しくなった頃に、初めて紹介者があったことを告白されることが多い。

 逆に、誰それに紹介されて来ました、と言われながら来られる人達の多くは、それほど乗り気ではないけど、あまりに強く奨められたので、止むを得ず一度相談に行ってみるか、というレベルの人がとても多かった。

 そのようなケースでは、こちらも直ぐに感じてしまうので、義理で来られるのはお気の毒でもあるし、無駄な経費を使って欲しくもないので、なるべく傷つけないようにお断りしている。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年8月22日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月22日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年8月22日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月22日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲ薬剤師 at 07:44| 山口 ☔| ありがた迷惑な依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

個人経営の一般医薬品の販売店(薬局や薬店)も、減ることはあっても増えることがない現実

2011年8月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

 某メーカーさんの担当地区(九州や山口県)においては、ここ数年、個人経営の一般医薬品の販売店だけに限定すれば、ここ数年、減ることはあっても、新規開店の個人経営の一般医薬品販売店は皆無だとのこと。

 減少する原因は、経営者の高齢化により、消費税が上がった時期に廃業した所が目立ったので、次回の消費税が上がるときにも、きっと一段と減ることだろうと予測されている。

 一方、新規開業の個人経営店は、ここ数年どう思い出しても皆無であるとのこと。

 あくまで特定のメーカーさんとの取引先に限られる話だが、そうはいっても、同様の傾向は、他のメーカーさんからも、昨今ほとんど同様の情報を得ているので、全国的にこの傾向はかなり似ているようである。

 やはり、この業界も、他業種と同様に、個人経営に関する限りは、減少傾向に歯止めがかからないようである。

 当然、漢方専門薬局や薬店も同様である。

 増えるのは調剤薬局ばかりということらしい。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年8月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2015年08月21日のシロちゃん(2歳半)
2015年08月21日のシロちゃん(2歳半) posted by (C)ボクチンの母

2015年08月21日の茶トラのトラちゃん(1歳半)
2015年08月21日の茶トラのトラちゃん(1歳半) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲ薬剤師 at 08:08| 山口 ☔| ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

個人営業の店舗が、いつの間にか消えてゆく

2010年8月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 村田漢方堂薬局の近隣では、一般薬局や薬店はもとより、書店や酒屋さん、果物屋さん、雑貨店、文房具屋さんなど、気が付いてみると、近隣の個人商店さんたちが、いつの間にか激減している!

 そのかわりにセブンイレブンなどのコンビニやスーパー、ドラグストアばかりが目立つ。

 このような現象は下関近辺に限らず、多かれ少なかれ同様な傾向にあるようだが、調剤薬局で高給取りの薬剤師さんが、仕事に生甲斐が持てないので、将来は漢方薬局で開業したいという希望で相談された。

 通常ならそのような相談はお門違いだからお断りするところだが、当方の漢方薬でみるみる健康体になりつつある人だから、無下に断るわけにはゆかない。

 これまでも、当方の漢方薬利用者の薬剤師や登録販売者の同様な相談を受けたことがあるが、その後に個人営業が成り立ちにくい昨今の社会事情を知るにつけ、結局は諦めて、転職しただけに終わっている。

 診療所や歯科医院でさえ、以前に比べれば個人経営が次第に厳しくなっている現実もあるくらいだから、自由主義社会といえども、ほんとうに暮らしにくい社会となっている。

 というのも、会社などの組織に属する勤務では、多かれ少なかれ激務に追われる傾向があり、それがなくとも人間関係のトラブルも多く、ほんとうに暮らしにくい社会となったものだ。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年8月20日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年8月20日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲ薬剤師 at 10:27| 山口 ☔| ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

年間を通じて2番目に販売量の多い漢方処方は

2015年08月17日の茶トラのトラちゃん(1歳半)
2015年08月17日の茶トラのトラちゃん(1歳半) posted by (C)ボクチンの母

 村田漢方堂薬局において、年間を通じて、2番目に販売量の多い方剤は、猪苓湯エキス製剤。

 しかも3社の各エキス製剤を、その特長に応じて使い分けている。

 そして最も販売量の多い方剤は、ヒ・ミ・ツ。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2015年08月17日の茶トラのトラちゃん(1歳半)
2015年08月17日の茶トラのトラちゃん(1歳半) posted by (C)ボクチンの母

2011年8月18日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月18日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲ薬剤師 at 06:50| 山口 ☁| 漢方薬の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

イタリアからまだ帰って来れない気分

2015年08月16日のシロちゃん(メス2歳)
2015年08月16日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ボクチンの母

 あと一時間もすると頭を切り替えないといけない。

 まだまだ、休日シフトの頭のまま、読書中のルネッサンス文化に浸ったまま、心はイタリア付近からなかなか日本に帰って来れないで、後ろ髪を引かれたまま帰路の長い旅路に難儀している。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月17日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月17日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲ薬剤師 at 07:18| 山口 ☁| ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

ボクちんが帰ってくる楽しみなお盆

2010年8月13日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月13日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 また、今年も盆がやって来た。

 ボクちんも帰ってくるはずだ。

 父や母を迎えるよりも、ボクちんとの再会のほうが楽しみ!

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月13日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月13日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2015年08月10日

「ちょっとおたずねですが・・・」の電話恐怖が、昨今激減

2009年8月10日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月10日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 昨今はようやく 2008年09月05日 「ちょっとおたずねですが・・・」の電話恐怖 が激減した。

 長い年月「ちょっとおたずねですが・・・」に日々悩まされ続けたが、ようやく今年になって激減して、無駄な時間を浪費することが少なくなった。

 当方の電話は、遠近様々の常連さんやお馴染みさんの相談電話や補充購入の送付依頼が多いため、「ちょっとおたずねですが・・・」のそのほとんどは、アリガタメイワクな内容ばかりだから、真面目な電話相談や依頼を受ける仕事の邪魔になること、この上なかった。
そのお尋ねの内容たるや、深刻真面目な相談ばかりとは限らないからである。いや、そのほとんどは時間の浪費であり、ありがた迷惑な内容が9割以上を占めるからやや深刻である。
 と書いた通り。

 こんな記事を書くと、嫌味のようにまたまたかかって来るイヤなジンクスがないでもないが・・・(苦笑。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲ薬剤師 at 07:57| 山口 ☀| 困った人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

獅子身中の虫 (しししんちゅうのむし) 獅子を食らう

2015年08月08日のシロ茶トラのちゃん(メス2歳)
2015年08月08日のシロ茶トラのちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 硬直した理想論や理念に溺れて、現実を直視できない学者や教師・マスコミ、市民運動家たち。

 安保法案に反対とて、挙句の果ては大学生や高校生たちまでも洗脳してデモに駆り出す始末。

 歴史家のポール・ジョンソン氏も言うように、学校の教師たちの一部は、往々にして左翼思想に生徒や学生たちを洗脳するので、国や企業にとっては獅子身中の虫の増産工場となりやすい。

 吉田松陰や高杉晋作など、あの世ではきっと地団太踏んで歯がゆがっているに違いない。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月8日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年8月8日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲ薬剤師 at 00:36| 山口 ☀| 困った人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

飲んだこともない大建中湯を指名買いしようとされる無謀

2009年8月8日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月8日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 炎暑の真昼間に、突然、大建中湯を指名されて来られた女性。
 これまで飲んだことがあるのかと問えば、初めてだという。

 シロウトが勝手に選ぶのは無謀だから、こちらでは責任が持てないので、保険証をもって近くの病院やクリニックへ行けば、保険で購入できるかもしれないので、病院でしっかり相談して投与してもらうように言う。

 ところが、盆前から旅行でこちらに来ているので、保険証は持ってきてないといいわれるので、それじゃ〜自宅へ帰られてからでもよいではないか。

 ところで、医療用漢方の販売額一位は、なんと!大建中湯という。

 当方では保険漢方の扱いはないし、自費の漢方薬であるのは当然としても、安易な指名買いには販売できないことを告げると、縷々ご自分の症状を話し始めたものの、お話を聞いたところで、当方の弁証論治の流儀が理解できない人の症状を聞いたところで、どうしようもないので、お帰り願った。

 最初から、通常の漢方相談で来られたわけではなく、飲んだこともない特定の処方を恣意的に指名しながら、縷々症状を話し始めたところで、このような来訪者は、無駄な時間を浪費して、不毛な長話しに終始する徒労を何度も経験している だけに、早々にお帰り願った。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年8月8日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月8日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
タグ:大建中湯
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:11| 山口 ☀| 困った人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

石流茶は薬局の店主さんも愛用者がとても多い!

ヒゲジジイ愛用の石流茶
ヒゲジジイ愛用の石流茶 posted by (C)ボクチンの母

 意外にも、というよりもむしろ当然か、石流茶は薬局の店主さんも愛用者がとても多いとか。

 この情報は、製造元のコタローさんからではなく、村田漢方堂薬局の取引先の各外交さんたちからの情報である。

 ヒゲジジイが考案し、自身も愛用するものだけに、皆さんが各地の情報を齎せて呉れるが、店頭に置いている薬局さんたちの多くは、店主自身が愛用されているケースが多いという。

 自身の健康こそ、ないがしろにはできませんからね(呵呵。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2015年08月05日のシロちゃん(メス2歳)
2015年08月05日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年8月6日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月6日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母


タグ:石流茶
posted by ヒゲ薬剤師 at 06:42| 山口 ☀| 嬉しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

しばらく遠ざかっていた人が来られて、愕然とすることもある

2015年08月03日のシロちゃん(メス2歳)
2015年08月03日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ボクチンの母

 いったん目的の疾患は治って、遠ざかっていた人が、あらたな病気で漢方相談に久しぶりにやって来られる。

 以前から馴染みの人達だから、多くはスムーズに相談は進むのだが、中には以前とまるで異なって、意思の疎通が困難を覚えるくらいに変貌されている人もある。

 あれほど聡明だった人が、こちらとはそれほど年齢も違わないのに、ここまで意思の疎通が困難になるとはと、久しぶりの対面だけに些か愕然としてしまう。

 止むを得ず、病院でらちが明かないのなら、別の病院に変えてでもなるべく西洋医学に頼るようにお願いして、漢方薬を断念してもらわざるを得ないケースもある。

 繊細な弁証論治にもとづいて漢方薬を利用してもらう方法をとっているので、服用者が一定の知的センスを備えている人でなければ、臨機応変の対処ができなくなるので、以前とは異なって意思の疎通に問題が生じている場合、残念ながら遠慮してもらわざるを得ないのである。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月3日茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月3日茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:14| 山口 ☀| ちょっと憂鬱な話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

子供さんの漢方相談は,常連さんやお馴染みさんの御家族以外は絶対に無理

2015年08月01日のシロちゃん(メス2歳)
2015年08月01日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 常連さんやお馴染みさんの御家族でもない限りは、子供さんの漢方相談は絶対に無理。
 そこまで手を伸ばしていたら、命がいくらあっても足りない。

 重大な疾患の大人たちの相談に影響が及ぶような余分な仕事を増やしたくない。
 前期高齢者になったばかりで、仕事に無理が増えると無理が祟って、いつお迎えが来るか、危険性が高まることになるだろう。

 数ヶ月前、以前からのお馴染みさんが、従業員の子供さんを紹介されたので、事情を話してお断りしていたところ、腹を立てられたか、そのお馴染みさんまで継続していた漢方薬の購入を中止された模様。

 それでも一向に構わない。
 そのお馴染みさんも、当方の漢方薬で効果がしっかり出ていても、それくらいのことで腹を立てられるのなら、こちらから御免蒙るところだから、縁が切れてよい機会だった。

 蛇足ながら、昨年だったか義理の親御さんの漢方相談に乗って欲しいという、義理の子供さんであるお馴染みさんの奨めで漢方薬を飲ませてみたいというお依頼も、ご本人がみずから積極的な意志ではないのでお断りしたところ、その常連さんも、それっきり音信不通となった。
 
 これは大人のケースであるが、いくら身内の大人でもご本人が積極的な意思ではなく、しかも義理の身内の場合でもあるから同様にお断りしている。ご家族とは異なるからである。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年8月1日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月1日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲ薬剤師 at 18:23| 山口 ☀| ありがた迷惑な依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする