ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2015年11月25日

葛根湯や独活葛根湯で不眠症が治る場合があるが、逆に覚醒する場合もある

2008年11月25日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月25日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 葛根湯や独活葛根湯には覚醒作用のある麻黄が配合されているので、人によっては夜に服用するのは注意が必要である。

 葛根湯系列の方剤類を含めて、麻黄含有の方剤を夜に服用すると、目が冴えて眠れなくなる人は珍しくない。

 ところが、人によっては肩凝りや頭痛が原因で不眠傾向となっている葛根湯証体質の人の場合は、逆に夜の服用によって安眠が得られる場合もある。

 実際に夜に服用して不眠傾向が出る人は、夜の服用を避けるべきだが、凝りが取れて安眠が得られるようなら、安心して使用できる。

 ヒゲジジイ自身は、強烈な背痛と胸痛によって安眠どころではなくなった時、葛根湯の服用で、即効で疼痛が取れるともに、熟睡が可能となった経験があるが、愚妻も若い頃、肩凝りが取れて安眠が得られるといって、長年常用していた時期があった。

 いずれにせよ、たとえ葛根湯証があっても、不眠に出るか、安眠に出るかは個人差が大きいので、夜に服用するのは注意が必要である。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2008年11月25日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月25日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2009年11月25日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月25日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年11月25日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年11月25日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年11月25日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年11月25日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:葛根湯
posted by ヒゲ薬剤師 at 22:42| 山口 ☁| 葛根湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

さすがに葛根湯!

2009年11月20日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月20日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 葛根湯は、もっとも有名な漢方薬に違いない。

 有名な割には効果がないという人も多いが、葛根湯証を呈さない人に使ってもまったく無意味で無駄だから当然である。

 急性疾患では、ある一定時期のみ葛根湯証を呈することがあるので、その適切な時機を逃すと、もはや無効となる。時機を逃すと、むしろ服用しないほうがよいくらいだ。

 前置きがながく長くなったが、昨今の季節外れの暖かい日が続くと、体温調節に異常を来して、おりおりに風邪を引きそうになるが、これまでまったく葛根湯とは無縁だったのに、昨今はこれがしっかりフィットして、1回服用するだけで、根治する。

 実際に自分自身で葛根湯がフィットしたときの即効を味わうと、凄いものだと感心する。合成医薬品では味わえない、漢方薬特有の快感が味わえる。

 今月は2回、あやしい時があったが、いずれも葛根湯を1回服用しただけで、風邪気味の初期の寒気と咽喉のムズムズ感と、軽度の咳まですべて完治しているが、補助として板藍茶と金銀花のど飴も併用した。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年11月20日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月20日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲ薬剤師 at 14:01| 山口 ☁| 風邪やインフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

電話やメールで問い合わせて漢方相談に来られた人で、長続きした人は滅多にない

2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 漢方相談に来られた人で、長続きしてめでたく病状がしっかり改善する人は、ほとんどが何の問い合わせもなく、遠近に関わらず、突然やって来られた人達ばかりである。

 電話やメールで問い合わせて漢方相談に来られた人で、長続きする人が滅多にないのは、実に不思議なようで、実はそうでもない。

 問い合わせをする人は、当方のHPやブログをほとんど読むことも無く、上っ面だけを眺めて、発作的に「試しに相談に行ってみようか」という気になったに過ぎないことが多い。

 じっくり読んで、相談に行ってみるかどうかを熟考に熟考を重ねた人達ではないことだけは、確かなようである。

 実に便利な時代で、HPやブログがあるお陰で、本気で熟考し、時間をかけて検討する人達で、ようやく本気になれた場合は、何の問い合わせもなく、突然やって来られる。

 それだけ当方の流儀や癖を把握して来られる人達が多いだけに、多くは長続きして、弁証論治に紆余曲折があっても、立派に耐え抜いて、めでたく頑固な疾患が改善に向かうのである。

 こういうことから、電話やメールで問い合わせる人には、軽はずみである可能性が高いので、遠路はるばる無理はされずに地元で経験豊富な漢方薬局を見つけて、そこでしっかり相談して下さいといって、やや遠まわしになることがあっても、お断りすることが通例である。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月14日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年11月14日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年11月14日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ


ラベル:漢方相談
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:27| 山口 ☔| 漢方相談の実際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

ちょっと救いようがない迷妄だらけの日本漢方理論

2008年11月13日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年11月13日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 たまたま遭遇したサイトを読んで驚愕した!

 柴胡桂枝湯は虚、四逆散は虚実中間、柴胡加竜骨牡蛎湯は実の薬だから、それぞれを状況に応じて同じ人が使いまわすことはあり得ないという主旨の記載である。

 こんな硬直したバカな考えが、いまだにはびこっているとしたら、日本漢方は救いようがない!

 これを書いている人は、虚とはなにか? 虚実中間という意味不明な熟語は何を意味するのか? 実とは何か? が本当に理解されてない証拠である。

 もしも、いまだに体力の強弱によって各方剤を固定的に振り分けているとしたら、あまりにもオメデタ過ぎる。

 そもそも体力とは何を意味するのか?
 新学期に体力テストが行われる学校行事の記録でも参考にするのだろうか?

 ここまで書いてきても、どうして「救いようがない」と決め付けているのか理解できない専門家がいるとしたら、ますます救いようがない。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2008年11月13日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月13日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2008年11月13日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月13日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 08:11| 山口 ☔| とんでもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

「漢方を信用しなくても漢方薬が勝手に効いてくれますよ!」っと、内心自信満々だった血気盛んな頃は過去のもの

2008年11月09日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年11月09日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 当時とは、相談を受ける病状のレベルが異なるとはいえ、昨今では「漢方を信用しなくても漢方薬が勝手に効いてくれますよ」とは到底大風呂敷を拡げる気にはなれない。

 血気盛んな頃は、どんなに疑いの目で見られても、エネルギーに満ち溢れていたので、得意の弁証論治で、なんとしてもフィットした漢方薬を見つけてみせるという自信が漲っていた。

 ところが、昨今では寄る年波、体力と気力の限界を感じるようになってからは、疑いの目で見られたり、本気度が見えなかったり、投げやりな態度が見えると、いっぺんにこちらの方がやる気を失せて、弁証論治どころではなくなる。

 だから、昨今では本気度が見えない人や、薬局をハナから見下すような人達は、クレマー予備軍ではないかと疑って、ハナからお断りするようにしている。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年11月09日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月09日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 21:48| 山口 ☁| とんでもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

「生きるということは苦しく、また謎に満ちています」

2010年11月04日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年11月04日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 タイトルの「生きるということは苦しく、また謎に満ちています」とは、三浦綾子著『道ありき<青春編>』に登場する前川正氏の言葉。

 実に言い得て妙。

 個人的には三浦綾子さんの信仰はもとより、思想信条も、小生とはまったく無縁であるが、この著者の自伝だけは大いに共感するところがある。
 
 その共感とは、とりわけ登場人物の前川正氏の言動において。

 といっても、この前川正氏以上に共感とともに尊敬に値する人物ならぬ動物は、唯一、このブログにいつも掲載している茶トラのボクちんの右に出るものはない。

 日常の言動といい、マナーといい、往生際といい、過去に飼った犬猫はもとより、出会った様々な人達と比較しても、あまりにも際立っていた(呵呵。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年11月04日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年11月04日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年11月04日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年11月04日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年11月04日の茶トラのボクちん(8歳)
2012年11月04日の茶トラのボクちん(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ