ご意見やご質問はこちらから⇒●●●
  

2005年10月19日

(続)五苓散の服用を医師に止められた場合の2例

前回投稿分の補足である。

2例目の転移ガン患者さんの、よく聞いている五苓散を中止した理由は、漢方に詳しいといわれる医師の発言、貴女には五苓散は強く効きすぎるようだ、

だから中止しなさい

ということで止めたというのである。

本人は、五苓散服用中の一ヶ月間は、随分楽になっていたので、本心は続けたいのだが、医師に中止しろ、と言われれば、シロウトの患者さんゆえ、医師の勧告を無視して、継続服用する気にはなれなかったし、続けるのもコワくなった、ということだった。

患者さんにとって、医師の言葉は、ある種、神のお言葉なのである!

小生の経験でも、浮腫関係で五苓散が適応した場合、1〜2日間、驚くほど大量の排尿がみられたケースが何度かあった。
ご本人もビックリされる場合があるが、五苓散の薬用量をそのままで継続しても、数日以内に落ち着くところに落ち着いて、顕著な利水は消滅し、通常の排尿に戻る例ばかりでなった。

数十年の経験上、例外なく利水過剰の現象を来たした事はなかったのだが、一時的な顕著な利尿に、西洋医学のお医者様たちは、合成医薬品の利尿剤と同列の配慮で、前回のような、誤解に近い判断をされたのかもしれない。

先生方がおっしゃるような、五苓散に恐ろしい副作用が本当にあるとは思えないのだが、どうだろうか。

実際、長年、漢方専門の、この仕事をしていて、聞いたこともないし、文献的にも未見であるが、小生の勉強不足なのだろうか?

病気の重大性を考慮すれば、五苓散のような比較的穏やかな漢方薬で、末期がんの腹水や胸水が効くのは運がよいともいえないだろうか?

素晴らしい効果を発揮しているのだから、中止する必要が、本当にあったのかどうか?

大いに疑問に思っている。


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 22:01| 山口 ☔| 漢方薬に無知な医師達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。