ご意見やご質問はこちらから⇒●●●
  

2006年02月25日

病院の降圧剤を中止して急激な体調不良を訴えた患者さん

前回の投稿とはまったく逆のケースに遭遇した。

一ヶ月前に、急なめまいと吐き気に襲われ、救急車で運ばれた初老の女性。

諸検査により、180〜110の高血圧による症状とて、一週間の入院治療の後、退院後はカルシウム拮抗剤が出され、真面目に服用することで、血圧も安定し、一ヵ月後には主治医の判断で廃薬となった。

ところが、数日も経たないうちにみるみる血圧が上昇し、どうしたことか?当方にやって来られた本日、土曜日の午前中には、200〜110である。

牛黄製剤のような高貴薬で急場をしのぎながらも、直ぐに病院で見てもらうべき状態である。

土曜日でもあり、新来の方や常連の方も待たれている混雑した状況での出来事である。

ところが、牛黄製剤のような高貴薬は不要だとわがままを言われるので、それじゃ〜なおさら即刻、病院にかけつけるべきだと、主治医がいなくとも必ず診てもらえるからと説得して、電話をお貸しして直接病院に電話をかけてもらう。

やはり、直ぐに受け入れてもらえて、病院へ直行となった。

たまにやってこられる準常連さんとて、半年振りの来局の内容が内容である。

当方にやって来るよりも、即刻、かかりつけの病院に行くべきケースなのであった。


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 17:07| 山口 ☔| とんでもない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。