ご意見やご質問はこちらから⇒●●●
  

2006年04月27日

アトピー性皮膚炎患者に川芎と当帰の過剰投与によって悪化

 某古方派漢方のお医者様から投与されていた漢方処方4〜5種類の殆どを中止してもらったところ、即座に顔面紅潮が軽快した若者がいる。

 補中益気湯・抑肝散加陳皮半夏・荊芥連翹湯の三つのエキスを主方剤として、不眠に対する甘麦大棗湯、顔面紅潮と痒みがひどいときの頓服として黄連解毒湯というのを五ヶ月連用中であった。(すべて医療用漢方製剤)

 黄連解毒湯エキスの頓服以外はすべて中止してもらったところ、速やかに顔面紅潮現象は消退している。

 温性の当帰が3方剤で重複し、また同様に辛温発散の川芎も2方剤で重複しているのである。

 やや遠慮があってここでは多くをコメントしにくいが、シロウトさんが、たとえば病名と症状で分ると銘打った漢方薬辞典や漢方薬サイトで研究した結果、恣意的にかき集めたような配合である。

 クロウトの先生でも、長期間に渡ってこのような誤投与を繰り返される場合もあり得る、ということである。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

posted by ヒゲジジイ at 22:53| 山口 ☔| 医師によるツムラ漢方など医療用漢方薬の誤投与問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする