ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2009年03月17日

漢方相談に遠方から通ってくる人達

 高い旅費を使って遠方から定期的に通ってくる人も多い。関西や東海地方はおろか関東からでさえ、でも旅費が馬鹿にならないだろう。
 
 考えてみたら奇妙な仕事であるが、何の前触れもなしに突然遠方から泊りがけで来られる人こそ幸いである。ネットや文献などで当方を徹底的に調査して来られるケースが多いだけに、決意が固い人が多いからである。

 しかしながら、初めての人で予告電話がある場合は、受付嬢が必ずチェックする。どの程度の心積もりで来られるのか、単なる渡り鳥ではないのか?
 とりわけ代理の母親などから電話がある場合は、ご本人自身が本当に望んで来られるのか? どの程度本気なのか? 遠方といえども通えるのか?
遠来者で日帰りだけで済まそうとする考えは、チト甘い考えではないか? などなどっ。

 ホテルを取って二泊三日以上の旅程で前触れもなく突然やって来られる人は、例外もあるが、信念の固い人が多く、長続きがするので結局は成績がよいが、電話予告する人の半数以上は、受付嬢の厳しいチェックに諦めてしまうことが多い。

 だからやっぱり電話で及び腰のケースは信用がならず、明日行くなどと一方的に予約されても、半数以上はすっぽかされている。

 中途半端な気持ちで来られても困るし、遊び半分なら尚更こちらはやる気を失うので、チェックが厳しいのである。
 それでなくとも十分な相談時間とともに詳細な分析力を必要とする精細緻密な中医漢方薬学である(苦笑。

 真剣・真面目な仕事を一生続けようと思っているので、どうしても好い加減の気持ちで来られる人や、遊び半分や及び腰の人とはお付き合いしたくないのである。

 とどのつまりは、当方のブログ類の目的の一つは、クレーマーや遊び半分の人達に無駄足を踏ませないためのものでもある(苦笑。
 だから予告ナシに来られた人の中でも、クレマー的な様相が強い場合や、中途半端な気持ちで来られている場合は、たとえ遠来者でもキッパリとお断りしている。

ジョウビタキのメス
ラベル:嬉しい話
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:29| 山口 ☔| 嬉しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする