ご意見やご質問はこちらから⇒●●●
  

Google
WWW を検索 このブログ内だけ を検索

2015年08月01日

子供さんの漢方相談は,常連さんやお馴染みさんの御家族以外は絶対に無理

2015年08月01日のシロちゃん(メス2歳)
2015年08月01日のシロちゃん(メス2歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 常連さんやお馴染みさんの御家族でもない限りは、子供さんの漢方相談は絶対に無理。
 そこまで手を伸ばしていたら、命がいくらあっても足りない。

 重大な疾患の大人たちの相談に影響が及ぶような余分な仕事を増やしたくない。
 前期高齢者になったばかりで、仕事に無理が増えると無理が祟って、いつお迎えが来るか、危険性が高まることになるだろう。

 数ヶ月前、以前からのお馴染みさんが、従業員の子供さんを紹介されたので、事情を話してお断りしていたところ、腹を立てられたか、そのお馴染みさんまで継続していた漢方薬の購入を中止された模様。

 それでも一向に構わない。
 そのお馴染みさんも、当方の漢方薬で効果がしっかり出ていても、それくらいのことで腹を立てられるのなら、こちらから御免蒙るところだから、縁が切れてよい機会だった。

 蛇足ながら、昨年だったか義理の親御さんの漢方相談に乗って欲しいという、義理の子供さんであるお馴染みさんの奨めで漢方薬を飲ませてみたいというお依頼も、ご本人がみずから積極的な意志ではないのでお断りしたところ、その常連さんも、それっきり音信不通となった。
 
 これは大人のケースであるが、いくら身内の大人でもご本人が積極的な意思ではなく、しかも義理の身内の場合でもあるから同様にお断りしている。ご家族とは異なるからである。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年8月1日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年8月1日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 18:23| 山口 ☀| ありがた迷惑な依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする