ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2015年10月16日

食欲の秋とはいっても、どうしてこんな配合で食欲が増進するのだろうか?

2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母

 食欲の秋とはいえ、不思議な漢方薬の副作用ならぬ副効果!

 ヒゲジジイ自身の熱証の腰痛で、桃仁が過剰にならないように計算して、桂枝茯苓丸の半分量と大黄牡丹皮湯の半分量に、芍薬甘草湯の少量と地竜の配合で、腰痛が急速に治るにつれて食欲が亢進。

 あさからまともな食事を摂るほどで、近年にはあり得ない食欲である。

 専門家から見れば、ちょっとあり得ない副効果ではあるが、疼痛が軽減したお陰で、リラックスによるものであろうと想像するのは容易であるが、決してそればかりとは思えない。

 漢方薬とは実に不思議なもので、しっかりフィットした配合というのは、様々な有利な附録、すなわち好ましい副効果が付随することが多いものなのである。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年10月16日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 08:12| 山口 ☀| 桂枝茯苓丸の副作用・好ましい副効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする