ご意見やご質問はこちらから⇒●●●
  

2016年08月25日

もしかして抗癌剤死?

2011年8月25日のボクチン(7歳)
2011年8月25日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

 ヤフーニュースによれば、女優でタレントの十勝花子さん70歳が、21日大腸がんのため亡くなられたという。

 ご家族によれば、
「先月末、ステージ4の大腸がんが発覚し、手術はできないほど転移しており、治療しなければ余命6カ月ということでした。しかしながら本人はがんと闘い、復活すると心に決め、抗がん剤の投与を始めたところでした。療養先の長崎には、本日発つ予定にしておりましたが、体調が急変し、わずか3週間で逝ってしまいました。無念としか言いようがありません」

 ということだが、よく読めば、この段階で抗癌剤を投与することで、運悪く抗癌剤が本来の毒性を発揮して縮命作用によって「わずか3週間で逝ってしまいました。」という可能性が大いに疑われる。

 たとえば、医師自身がほとんど手遅れの癌に罹った場合、大半の医師が、自身には抗癌剤は使わないというアンケートの結果が日本やアメリカなどで、有名な話である。

 「患者さんには投与しても、医師自身は自分には使わない」という告白は、何を意味するのが、言うまでもないことだろう。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ


ラベル:抗癌剤死
posted by ヒゲジジイ at 21:28| 山口 ☁| 抗癌剤の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。