ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2017年07月11日

妊娠中のアトピーのご相談

2009年7月12日のボクチン(5歳)
2009年7月12日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

妊娠中のアトピーのご相談

ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:20〜29歳の女性
【 地 域 】:中国地方
【 お問い合せ内容 】:村田先生こんにちは。
いつもブログの更新を楽しみにしています。

 アトピー体質で悩んでおり、2人目の妊娠をきっかけに悪化のたびに少しずつ使っていたステロイドを完全にやめて、漢方で体質から改善したいと考えております。

 ステロイド歴は7年ほどで、最初は夏に肘の内側だけに使用していましたが、徐々に首や脇などにも湿疹が出来、ひどい時には顔にも広がり、全身が乾燥するようになりました。

 毎年特に春から夏にかけて悪化するタイプで、あせもも併発しているように思います。

 この7年の間に不摂生やストレスが原因で激しく悪化したことも数回あり、普段はみられない浸出液もありました。その際には抗アレルギー剤の内服と、強いステロイドを1カ月で15グラム程使っていました。反対にほとんどアトピーが気にならず、保湿のみでステロイドから遠ざかっていた時期もありました。

 昨年は長年少しずつ使っていたロコイドの副作用か、顔に酒さ様皮膚炎を発症し、脱ステロイドと煎じ薬とケイガイレンギョウトウで1、2週間程プツプツと赤く腫れるリバウンドはあったものの、1カ月程度できれいに治りました。

 それから一年ほど完全にステロイドはやめていたのですが、この春先に首やフェイスラインに湿疹が出来、脱ステロイドをした病院の医師の元でステロイドを再開しました。それから悪化すると少しずつステロイドを使ってしまっていました。

 今は転居と妊娠を機に、近隣の漢方薬局で購入した五行草茶を一日4包と、ニューザイム輝源という酵素飲料を朝晩20mlずつ飲んでいます。食事も食べ過ぎに気をつけ、お菓子やジュース、油・肉類・卵・乳製品を極力取らないようにはしています。これらで胃腸はすっきりする感じがあるのですが、アトピーへの効果は悪化はないもののイマイチといった感じです。いまは半月経過した所で、費用は半月で1万3千円程です。

 今は肘、膝の内側がザラザラと赤く、脇や首にも湿疹があります。掻いても浸出液はほとんど出ません。手足やお腹は乾燥しており、所々赤くザラザラとしています。搔くのが癖になっているのもあるようです。やはりステロイドを使っていた部分は、特に抑えられていた炎症が噴き出しています。

 そこで質問なのですが、妊娠5カ月の今は、しばらくは漢方薬局の方針で体質改善をしていくのが良いのでしょうか?妊娠中でも漢方でアプローチできるのであれば、●●市在住なので是非そちらに伺いたいと考えております。

 最後になりましたが、長文にお付き合いいただきありがとうございました。梅雨や暑さで過ごしにくい季節ではありますが、ご自愛ください。

2010年7月12日のボクチン(6歳)
2010年7月12日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 妊娠中には、胎児の発育を優先的に考えるべきですので、

>しばらくは漢方薬局の方針で体質改善をしていくのが良い

と思います。

 また、産後は体質がガラっと変化する場合がありますので、産後の体質変化とアトピーの状況に応じて、そのお近くの漢方薬局で引き続き通われるべきかと存じます。

 取り急ぎ、お返事まで。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年7月12日のボクチン(6歳)
2010年7月12日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲ薬剤師 at 18:56| 山口 ☁| アトピー性皮膚炎・酒さ、および各種湿疹類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする