ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2018年11月28日

日本漢方を堕落させた吉益東洞(間違いだらけの漢方と漢方薬)

日本漢方を堕落させた吉益東洞

 江戸期の漢方医である吉益東洞は、陰陽五行学説を基礎に発展・発達した中国の伝統医学の最もエッセンシャルな部分である「陰陽五行」を臆面もなく完全に否定した。

 この本来の中国の伝統医学の最もエッセンシャルな部分を、空論臆説として退けるという暴挙により、取り返しのつかない自己矛盾を犯したのである。

 つまり、陰陽五行を否定した時点で、もはや東洞流の日本漢方は、漢方の来源である中国医学の本質を否定するものであり、その自己矛盾による自縄自縛により、没理論の泥沼に埋没する方向へまっしぐらに進むことになった。

 事実、歴史が証明するように吉益東洞は「親試実験」という実証主義の旗印を掲げて没理論の方向へ突き進んでしまったわけで、それは現代の医療用漢方における「漢方の科学化」と同類の考えに他ならない。

 現代のこの一見実証主義的な「漢方の科学化」という名目は、単に病名漢方的な西洋医学化にすり替わり、ますます本来の漢方医学の本質を見失いつつある。

 江戸期の吉益東洞の行なった「親試実験」は、それがそのまま現代における「漢方の科学化」という名の下に行われる中国の伝統医学の本質を忘れた没理論の「マニュアル漢方」であることを、重ね重ね強調してし過ぎることはないだろう。

  重要参考文献

日本漢方の将来「中医漢方薬学」の提唱(平成元年の提言!)
平成の御世も深まって、とうとう吉益東洞先生は・・・
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:吉益東洞
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:18| 山口 ☀| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする