ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2018年12月07日

基礎理論が脆弱な現代日本漢方医学(間違いだらけの漢方と漢方薬)

  基礎理論が脆弱な現代日本漢方医学

 この問題については、すでに多くの拙論で贅言を弄してきた問題である。

 筆者自身が初期の10年以上、日本古方派漢方にのめり込んでみて感じたことは、まるで禅宗の悟りを求めるような 不屈の精神で、傷寒・金匱要略を繰り返し熟読し、方剤を理解するにあたってはまるで禅宗の公案を解く様な面持ちで、全身全霊で小柴胡湯の方意を体得せねばならないことに、感激したものである。

 すなわち学としての漢方ではなく、術としての漢方の修業の道である。

 おかげで四逆散の方意を得るのに10年間、日本漢方の流儀に従って学んだが、どうやっても理解困難で難儀し続けた。

 ところが何のことはない、本場中国の中医学書を熟読すれば、いっぺんに難問が氷解したのである。

 基礎理論を蔑ろにした吉益東洞は問題外にしても、吉益南涯がその反省から打ち立てたてた 気血水説くらいではあまりにも貧弱かつ脆弱に過ぎるのである。
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:00| 山口 ☔| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする