ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2009年07月10日

牛黄製剤より高い健康食品

    オジサンだけどとっても可愛いボクチン
    オジサンだけどとっても可愛いボクチン posted by (C)ボクチンの母

 広い分野で大活躍の牛黄製剤だが、漢方薬の中でもかなり高価な部類に属する。

 ところがいまさらながら驚いたことに、一般西洋医学治療に見放された人達が、様々な健康食品類に頼っておられたケースが実に多く、牛黄製剤よりもはるかに高額な健康食品類に長い間浪費を重ねていた事実を知って唖然とさせられる。

 来歴が漢方薬や中草薬類というわけでもない健康食品類が目の玉が飛び出るほどの高額には、正真正銘の高貴薬、牛黄製剤も真っ青である。

 治療薬でもない健康食品類が・・・不思議な国、日本である。

    オジサンだけどとっても可愛いボクチン
    オジサンだけどとっても可愛いボクチン posted by (C)ボクチンの母

    オジサンだけどとっても可愛いボクチン
    オジサンだけどとっても可愛いボクチン posted by (C)ボクチンの母
ラベル:牛黄 漢方薬
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:22| 山口 ☔| 牛黄製剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

再発しなくなった硬膜下出血患者さんの嬉しい嘆き

 頭部打撲の記憶もないのに硬膜下出血を発し、頭蓋骨に穴を開けて出血を吸い取ってもらったのが二年以上前だったか。
 病院では投薬は一切なかったので、金の玉と噂される牛黄製剤を人に紹介されて熱心に服用するも、またぞろ原因不明の硬膜下出血で再度入院手術するはめになった人のお話。

 こんなことを何度も繰り返していては、命を落としかねないと薬嫌いのご本人も、身内の方にご紹介されて当方の薬局に御相談に見えた。

 当方では金の玉と称される方剤類には、当帰・川芎など、貴方には不要な配合が多いので、他のゴオウ製剤を中心に、さらに適切な漢方処方を併用されることをアドバイス。
 その後は二度と出血することなく、既に一年半以上が経過したが、さまざまに随伴していたと思われる諸症状も消失し、完全に以前の元気を取り戻されている。

 しかしながら、経費的には相当な高額なものになっており、それでもご本人のみならず、その身内の人達からも深く感謝されることは薬局冥利につきるが、隣近所の人達から、どうしてそんなに回復できたのか、昔よりも元気になったみたいだがと問われることが頻繁で、

「漢方薬でね」とはこたえても、決して金額のことは口にしないそうである。

 当方に対する皮肉で言われているのではなく、金額を言うときっと田舎のことだから嫉妬されて、どんなイヤミを言われるか知れやしないと大笑いされるのであった。

 たしかに、病気の内容によっては、思い切った高額のいわゆる「高貴薬」を使用してもらわないことには解決できないことが往々にしてあるものなのである。
posted by ヒゲ薬剤師 at 10:53| 山口 ☔| 牛黄製剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

大事に至らないでよかった高血圧患者さん

2月25日に投稿した病院の降圧剤を中止して急激な体調不良を訴えた患者さんの後日談。

病院に行って、降圧剤を復活したら、極めて順調に体調・血圧も回復していると数日前に電話あった。

連絡が遅れてゴメンナサイと謝っておられた。

そうですよ! 心配していましたからね。

ああいうときは、牛黄製剤でも服用して万一に備えて病院に向かうべきだったのだが、幸いな結果に終わったあとに言うのも、儲け主義の薬局に思われてはプライドが許さないので、言うのを我慢した。

結果よければ全てよし、とは言え、やはりあのようにちょっと危険性があるときに当方のような漢方薬局に駆け込まれた場合は、わがままを言わずに、牛黄製剤を頓服で使用すべきなのである。

高貴薬とは言え、頓服として数回分を購入したところで、数千円もしない価格なのだから。

命とわずか数千円もしないお金と、どちらが大切か、よく考えるべきだと愚考する。

実際、世の中、本末転倒した考えの方が目に付いてしようがない昨今ですよ。
ラベル:医薬品 牛黄製剤
posted by ヒゲ薬剤師 at 11:19| 山口 ☔| 牛黄製剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする