ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2012年08月30日

「コリン性蕁麻疹」と診断された頑固な蕁麻疹のご相談

IMGP3270
IMGP3270 posted by (C)ヒゲジジイ

ブログ転載の可否 : ブログへ転載許可
年齢 : 30歳〜39歳の女性ご職業 : 主婦
簡単なご住所 : 関東地方
ご意見やご質問をどうぞ : はじめまして。突然のメール失礼します。

 2年前に結婚して◎◎県(九州地方)から●●県(関東地方)に引っ越してきました。
 環境の変化などからか、じんましんがでるようになり、一番ひどいころは市販薬を含めさまざまな薬に対し薬疹まででるようになってしました。

 アレルギーを起こした薬も含め色々なアレルギー検査を行いましたが、すべて陰性。(今は薬疹はまったくでなくなってます)皮膚科も個人の病院から大きな病院まで色々と行き、抗アレルギー剤もかなり増やしたり、組み合わせを変えてもらったりしましたが、まったく効果がなく、一生私はじんましんとおつきあいしながら生きていかないといけないのかなーと半分あきらめていましたが、友達の子供さんが漢方で治した話をきいて私もすがるような気持ちで漢方も扱っている皮膚科に行きました。
 
 診断は「コリン性蕁麻疹」処方していただいた漢方は茵蔯五苓散でした。
 それで、飲み始めて3日くらいでおなか周りの蕁麻疹はだいぶ落ち着きましたが、首周りから胸にかけて、汗をかいたときにでる蕁麻疹にはぴくりともせず、また冬には冬で冷たいものをさわったときや、夏でも冷たい風に吹かれてできる腕にできるじんましんもあり、色々な種類のじんましんが併発しているように思えます

 とりあえず、今は、このコリン性じんましんをなんとかしたいと、自分で漢方を色々と飲み合わせているんですが、最近は皮膚科でいただいた茵蔯五苓散と自分で買った黄連解毒湯、血行が悪く、生理前に体調不良が著しくでるため加味逍遥散をそれぞれ1日1包という思いっきり自己流の飲み方で漢方を飲んでます。

 そちらの薬局に伺いたく、◎◎(九州地方)に帰省するときに....とも思っていますが、帰省するのは冬なのでまだ時間もあるし、しばらくはこの自己流の飲み方をそれまで続けるつもりですが、漢方は一度に何種類かを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ZZZ_6399
ZZZ_6399 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:
>漢方は一度に何種類かを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

とのご質問ですが、弁証論治にもとづいて正しく根拠のある配合である限りは当然のことで、ましてや貴女の体質のように五臓六腑それぞれの寒熱虚実がかなりバラバラに異なっている可能性のある人には、一つの漢方処方だけでは、中途半端な効果しか得られないことは、既にご自身が実感されている通りです。

 但し、素人療法で行う数種類の漢方薬の併用は、しばしばとんでもないマチガイを起こしやすいので、地元近辺でじっくり時間をとって漢方相談に乗ってもらえる漢方専門薬局を見つけるべきです。
 そしてまずは5〜20日毎に通いながら、複雑な体質傾向をしっかり把握してもらい、試験的な配合も含めて折々に配合の微調整と季節的な配合変化の法則を見つけてもらう必要があります。

 なお、残念ながら当方では、2年も続いている頑固な蕁麻疹は、帰郷のついでに一度立ち寄られるくらいの漢方相談で、神業的に治せるほどの高度な技術は持ち合わせておりません。
当方のメインブログ 漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告 のトップに記載しています
漢方薬相談販売は遠近に関わらず御本人の意志と意欲で直接定期的に繰り返し来局できる人のみが対象です
とありますように、後半の「直接定期的に繰り返し来局」できる状況ではない方の漢方相談は、残念ながら受け付けておりません。

 たとえば本日の遠来者を思い出してみると、某疾患では関西に近い中国地方から10〜30日毎に通って既に三ヶ月で、かなり改善の兆しが出ている人。
 次にはやや東北に近い関東地方から、やや難治性の某疾患で既に十ヶ月、10〜30日毎に飛行機で通って来られている人も波打ちながらも現在は炎症がかなり治まっている人。
 その次には関東に近い東海地方から、20日毎に通われている某疾患の人も、既に三ヶ月半でかなり病状が落ち着きはじめた人。

 その合間あいまには、地元近辺から様々な疾患で寛解中の人達が連用中の漢方薬の補充に見えられていますが、いずれの人も初期から頻繁に通われて、様々な微調整による配合テストの洗礼を受けることで、ようやく一定の効果が出て来た人達ばかりです。

 ですから、貴女のように帰省のついでに一度寄って相談してみよう、というレベルでは何の効果も得られず、お互いにとても貴重な時間を無駄に費やすだけに終わりますので、申し訳ないことながら、きっぱりとお断り申し上げる次第です。
 繰り返しますが、地元近辺で通える範囲内で時間をかけた相談に乗ってもらえる漢方薬局を見つけて下さいませ。

参考文献:
IMGP3439
IMGP3439 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲ薬剤師 at 23:32| 山口 ☁| 蕁麻疹(じんましん)・コリン性蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

重篤化しかかた蕁麻疹の続続報

 7月31日 五月から続く蕁麻疹(じんましん)治療に難航した挙句に医療用の五苓散を出されて猛烈に悪化 の続続報。
  8月5日 重篤化しかかった蕁麻疹の続報 の続報。

 連休前の8月10日に茵蔯蒿湯の補充に来られた時点では、蕁麻疹も痒みも完全に消退していた。
 当方に来るまでは5月の発病以来、皮膚科の通院治療も空しく、次第に増悪するばかりで、内科から医療用漢方の五苓散エキスを処方されて却って極限にまで達しようとしていたのだから、当分の間は茵蔯蒿湯を継続服用することとし、アルコールやタンパク質類の摂取過剰を戒め、今年一杯は上記方剤を中心に再発を警戒して、経過観察することを約束した。

 蕁麻疹も稀には侮れないもので、急激な異変によってアナフィラキシーショックを生じないとも限らないので、もしも治癒傾向が見られず悪化の一途を辿るようであれば、常に救急医療を受ける覚悟を言い渡しておいたのだが、実は本人もそういう可能性が稀にはあるという点についての基礎知識がある人であったから、却ってスムーズな漢方薬の利用が出来たということであった。

 盆あけの17日に茵陳蒿湯の補充に見えたときも見かけ上も自覚的にもすべて完全に治癒しているように見える。
 しばらくは中止しておくように厳命(笑)していたアルコールを既に数日前から控えめながら再開していると言うではないか!
 
 蕁麻疹を誘発しやすいアルコールをこんな早い時期から再開するなんて無謀ではないかと詰問するも、頭をかきながら「でも、まったく影響は出てませんよ」というので、じゃ〜〜自己責任でお好きにどうぞということになった。

 もしも再発して急性増悪するような場合は、救急病院に駆け込むようにと、ややオーバーに引導を渡しておいたのだった。次はなし
posted by ヒゲ薬剤師 at 19:54| 山口 ☔| 蕁麻疹(じんましん)・コリン性蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

蕁麻疹の御相談

性別 : 男性
年齢 : 20歳〜29歳
御意見や御質問をどうぞ : 蕁麻疹で検索をしておりましたところ、ここのブロブを見つけ拝見させて頂いておりました。
 友人が蕁麻疹で苦しんでおりますので、伺ってみてはどうかと思いましたが、そちらの住所等が分かりませんでしたので、問い合わせをさせて頂きました。是非お教え頂ければと思います。よろしくお願い致します。


お返事メール:拝復

 当方は本州の端で遠すぎますので、お近くで漢方専門の病院か、漢方薬局をお訪ね下さい。
 そちら●●には、日本漢方が主体とはいえ、×××××など有名な漢方専門の病院もありますので、そちらに行かれてみては如何でしょうか?
(そこなら絶対にいいと保障できるわけではありませんが・・・・)

以上、簡単ながらお返事まで。
                         頓首

「漢方薬・漢方専門薬局薬剤師の憂鬱」の薬剤師 
posted by ヒゲ薬剤師 at 12:57| 山口 ☔| 蕁麻疹(じんましん)・コリン性蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

重篤化しかかった蕁麻疹の続報

 先日書いた医療用の五苓散によりますます悪化した蕁麻疹の中年男性の続報である。

 当方では定石どおり茵蔯蒿湯のエキス散を渡した。同時に5月から皮膚科で出された抗アレルギー剤の二種類は、効かなくなっているようでも今更副作用が出るはずもないだろうから併用しても構わないから、ということで、直ぐに首から上の蕁麻疹は消退し、2日目には腹部や下半身もすべて昼間は殆ど出なくなったが、夕食後に出て痒みが強い。

 そこで茵蔯蒿湯の濃度を高め、煎薬と同等の力価になるよう調整することで、一日中膨疹が出現することは無くなった。やや便秘気味であるので8月5日に大黄製剤を追加して、様子を見ることにした。

 当初は、万が一これ以上悪化するようであれば、大きな病院の救急外来に行くことも覚悟しておくように、とすら言っていたほどだが、まずまず順調に経過して、ほぼ将来の目途が立ったところである。

 しかしながら、再発予防のためにも当分の間は食事に気をつけ、時に応じた適切な漢方薬も連用する必要があることだろう。
posted by ヒゲ薬剤師 at 09:15| 山口 ☔| 蕁麻疹(じんましん)・コリン性蕁麻疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする