ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。紹介で来られる人達で、付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、ご紹介は不要です!

 

2016年08月22日

テレビやネットで漢方製剤を盛んに宣伝する製薬メーカーの暴走が目に余る

2010年8月23日のボクチン(6歳)
2010年8月23日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 テレビコマーシャルでは、診療各科にターゲットを絞った製薬会社による宣伝が盛んだが、市販薬関連では相変わらず痩せ薬として防風通聖散のエキス製剤が、いまだに盛んに宣伝されている。

 防風通聖散という、漢方薬では珍しく副作用が出やす漢方薬は、盛んに宣伝されるほどの痩せる効果が出ることは滅多にあり得ないことは、漢方業界では常識である。

 のみならず、胃腸障害を生じたり、却って浮腫を生じて体重が増えた例など、ロクな問題が生じかねないのに、相変わらず宣伝に余念がない。

 最近、笑ってしまった新たなコマーシャルでは、逆流食道炎に六君子湯のエキス製剤にカタカナ名称を用いて盛んに宣伝されているが、白朮を配合すべきところを蒼朮で代用するなど、中医学的に見れば、明らかな錯誤。

 こんな間違った製剤であっても、もともとが穏やかな方剤であるから、滅多なことで副作用はないものの、逆流性食道炎に効果が出るのは、ほんの一握りの人に限られることは目に見えている。

 体質によっては、大柴胡湯やオルスビー錠、あるいは柴胡桂枝湯や小陥胸湯など、他方剤がフィットするケースの方が断然多いはずだが、世間では逆流性食道炎には六君子湯という救いようのない固定観念が、漢方に未熟な医師達にこそ広まっているのだから、苦笑を禁じ得ない。

たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年8月23日のボクチン(6歳)
2010年8月23日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲ薬剤師 at 22:20| 山口 ☀| 漢方薬の病名治療には無理があり過ぎる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

杞菊地黄丸を飲み始めたのですがそれを飲むと、すぐに喉が渇いてしまい、昼に飲めば業務に集中できず、夜は寝付けなかったりと困っています

2011年9月23日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年9月23日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の男性
【 地 域 】:近畿
【 具体的なご職業 】:製造業(品質管理)
【 お問い合せ内容 】:初めまして。

 サイエンス漢方という本から興味と疑問を持ち、調べていくうちにそちらのウェブサイトへ辿り着きました。

 私は一週間を通じて目を酷使するため(日中は検査、夜はPC作業)杞菊地黄丸を飲み始めたのですがどういう訳かそれを飲むと、すぐに喉が渇いてしまいます。

 昼に飲めば業務に集中できず、夜は寝付けなかったりと困っています。

 現在は服用を止めていますが他の漢方と合わせて喉の渇きをおさえて視力向上効果を得る方法をご存知でしょうか。

 香菊花というお茶もあるようですが喉の渇きがどの成分による作用なのか分からず保留中です。

 村田漢方推薦(?)図書 「本心と抵抗」読みました。
 これは読む加味逍遥散、桂枝加竜骨牡蛎湯ですね。
 同時に世界観が正反対になりかねないショッキングな内容でもあります……。

2011年9月23日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年9月23日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 一般的によく使われる杞菊地黄丸がフィットしないのは、当然のことながら、杞菊地黄丸がまったく適応する体質ではなかったということです。

 その場合は、弁証論治にもとずいて、体質をしっかり把握して、適切な漢方薬を考える必要があります。

 近畿地方には、漢方専門薬局や、医師の漢方専門医院などもたんさん存在するのですから、直接出向いて相談してみて下さい。

 たまには応援のクリック、よろしくお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2012年9月23日の茶トラのボクちん(8歳)とクロちゃん(1歳)
2012年9月23日の茶トラのボクちん(8歳)とクロちゃん(1歳) posted by (C)ヒゲジジイ


タグ:杞菊地黄丸
posted by ヒゲ薬剤師 at 10:30| 山口 ☁| 漢方薬の病名治療には無理があり過ぎる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする