ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2018年12月14日

平胃散(基本方剤の中医学考察)

   平胃散(基本方剤の中医学考察)

 【原方名】 平胃散(《和剤局方》)

【処方構成】 蒼朮 厚朴 陳皮 生姜 大棗 甘草

【方剤の特徴】 燥湿運脾・行気和胃を効能とすることから湯液を「燥湿理気湯」というネーミングも可能であろう。

【主治】外湿の侵襲・生冷物の過食・油膩物の過食などにより湿困脾胃・中焦気滞を生じたもので、胃FAX部や腹部の脹満・げっぷ・むねやけ・食欲不振・悪心・嘔吐・泥状便・倦怠感・横になりたがる・体が重だるく痛む・舌苔は白厚膩・脉は緩など。

【方意】 外湿の侵襲・生冷物の過食・油膩物の過食などにより脾が健運できなくなり、湿濁が中焦気機を阻滞し、清濁逆乱を生じたものであるから、治法は燥湿運脾・行気和胃である。
 蒼朮は苦温辛燥で、燥湿運脾の効があり、本方の主薬である。補薬の厚朴は苦辛温で行気化湿・消脹除満する。
 佐薬の陳皮は辛苦温で理気和胃・燥湿健脾する。蒼朮・厚朴・陳皮の三薬は芳香性があり、和胃醒脾して昇降を調節する作用がある。
 甘草は脾胃を補益すると同時に諸薬を調和し、生姜・大棗は益胃和中し、これらは使薬である。
 以上の諸薬により、湿濁を除き中焦気機を調節するため、脾は健運し胃気は和降する。

【病機】湿困脾胃・中焦気滞

【治法】燥湿運脾・行気和胃法

【応用】 本方は燥湿運脾・行気和胃を効能とした胃腸疾患に対する常用方剤で、胃脘部や腹部の脹満・食欲不振・舌苔が白厚膩・脉は緩などが弁証ポイントである。
 急性胃腸炎・慢性胃腸炎・胃腸神経症・慢性胃炎などで湿困脾胃・中焦気滞の病証に広く用いられる。
 過食による食滞が顕著な場合は神麹・麦芽・山梔子を加えた「加味平胃散」を用い、湿鬱化熱して口苦があり、舌苔が黄膩などを生じる場合では、本方に黄連解毒湯の適量を合方する。

〔参考にさせて頂いた文献〕
  ●「中医治法与方剤」(人民衛生出版)
  ●「中医病機治法学」(四川科技出版)
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:平胃散
posted by ヒゲ薬剤師 at 07:29| 山口 ☁| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

八味丸(基本方剤の中医学考察)

   八味丸(基本方剤の中医学考察)

【原方名】八味地黄丸(《金匱要略》)

【処方構成】地黄 山薬 山茱萸 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂枝 附子

【方剤の特徴】腎陽を温補するのを効能とすることから日本国内でも、村田恭介の命名によりマツウラさんから錠剤のエキスで「腎陽温補丸」だったか「腎陽温補湯」だったかの愛称名で販売されたこともあるが、現在は廃番となり、現在は「腎陽温補散」の名で散剤として復活している。

【主治】腎陽不足による足腰のだるさ・下半身の冷え・排尿困難あるいは排尿過多・脉は虚弱、および痰飲・脚気・水腫・消渇など。

【方意】 腎陽が不足すると水邪を生じるので、腎陽を温補して腎陽を旺盛にする必要がある。

 腎陽が盛んになると気化機能が回復して水液失調による種々の症候はおのずと回復する。

 ただし、陰陽学説では、陰陽は対立しつつも相互に依存し、相互に転化するものとされ、「陰は陽から生じ、陽は陰から生ず」「孤り陰は生ぜず、独り陽は生ぜず」ということであり、張景岳のいう「よく陽を補うものは必ず陰中に陽を求め、陽は陰の助けを得るをもってすなわち生化は窮まりなし」との観点から本方を理解すべきである。

 したがって、桂枝・附子は温陽益火し、腎陽が盛んになると気化機能が回復するものの、壮陽益火するだけでは腎陰を損傷しやすいばかりでなく腎陽のよるべきところを喪失してしまうので、腎陽を温める時には益陰する必要がある。

 このため、滋陰補腎の地黄、肝腎を補い精気を固める山茱萸、培脾固腎の山薬などで益陰摂陽して、陰中に陽を求める。

 また、補陽により肝腎の邪火が亢盛するのを防止するために牡丹皮を加えて伏火を清する。

 気化機能の衰えによる水液失調に対し茯苓・沢瀉を用いて湿邪を滲利し水道を通調する。

 以上八味の配合により、補中に瀉があり、瀉によって補を助けて益陰助陽し、温性にして乾燥させず、腎陽を奮い起たせて気化機能を助け、温陽補腎の効を発揮する。

【病機】 腎陽不足

【治法】 温補腎陽

【応用】 腎陽不足による各種疾患に対して極めて応用範囲が広い。

〔参考させて頂いた文献〕
  ●「中医治法与方剤」(人民衛生出版) 
  ●「中医病機治法学」(四川科技出版)
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:03| 山口 ☀| 基本方剤の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

防已黄耆湯(基本方剤の中医学考察)

  防己黄耆湯(基本方剤の中医学考察) 

【原方名】 防已黄耆湯(《金匱要略》)

【処方構成】 防已 黄耆 白朮 生姜 大棗 甘草

【方剤の特徴】 「固表実脾・利水除湿」を効能とすることから「固表治湿湯」ということができる。

【主治】 @風湿・風水で、脉が浮・身体が重くだるい・自汗・悪風・尿量減少するもの。
  A湿痺によるしびれ。

【方意】 本方は、水腫や風湿に表虚(衛気虚)が合併したものに適応する。
 このため利水消腫・除湿止痛の防已、益気固表・利水退腫の黄耆を主薬とすることにより、益気固表・利水除湿の効能を発揮する。
 これに除湿・補気・健脾の白朮、補気健脾の甘草を補薬とすることにより、益気と除湿の効能が増強される。
 防已・白朮の利水除湿によって袪邪し、黄耆・白朮・甘草の固表実脾作用によって扶正する。
 このように、扶正袪邪法を行うことにより、正虚邪実の病態を全面的に配慮し、標本同治の配合方式をとっている。
 なお、生姜・大棗については、営衛を調和するためである。

【病機】 脾肺気虚・風湿・風水

【治法】 固表実脾・利水除湿法

【応用】 一般的には、補気・利水消腫を目的として、疲れやすい・汗かき・むくみやすい・膝関節の疼痛や浮腫などの症状に応用される。色白・白豚的な水太り・汗かきの有閑マダム的な女性が典型的で、いわゆる水太りによる肥満体質に対する治療薬としても優れている。ただし、気虚・風湿の証候であれば、男性・女性・肥満・痩身にこだわることなく、リウマチ・関節痛・腎炎・原因不明のむくみなどに広く応用される。

〔参考にした文献〕
  ●「中医治法与方剤」(人民衛生出版) 
  ●「中医病機治法学」(四川科技出版)
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:07| 山口 ☔| 基本方剤の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

桂枝茯苓丸(基本方剤の中医学考察)

  桂枝茯苓丸(基本方剤の中医学考察)

【原方名】 桂枝茯苓丸(《金匱要略》)
 
【処方構成】 桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬
 
【特徴】「活血化瘀・消散癥塊」を効能とし、「化瘀」作用を主体とした血分病を治療する「理血」剤の一種である。
 
【主治】 @婦人で下腹部に癥塊(子宮筋腫などの腫塊)があり、圧痛・腹部のひきつりがあるもの。
 A無月経で腹痛するもの。
 B産後の悪露が続き、腹痛と圧痛があるもの。

【分析】 癥塊の形成には、気・血・痰・湿と密接な関係がある。人体内の気・血・津液は正常状態であればスム−ズに運行しているが、各種の原因によって気・血・津液の運行が障碍されると、
 気機不利となれば気滞を呈し、
 血行不調となれば血瘀を呈し、
 津液が凝滞すると痰湿を呈する。
 これらの気滞・血瘀・痰凝・湿阻などの病理変化が、癥塊を形成する原因である。
 桂枝茯苓丸が主治する癥塊は、血瘀と痰湿の阻滞によるものである。(痰瘀交阻)

【病機】 血瘀痰滞証。  

【治法】 活血化瘀・消散癥塊法  

【応用】 子宮筋腫などの癥塊を形成する病など上記の主治にこだわらず、血瘀と痰湿が阻滞する病機(証候)であることを条件に各科に応用され、治療効果の点でも極めて実績が高い方剤である。

[参考にさせて頂いた文献]
  ●「中医方剤与治法」(一九八四年 四川科学技術出版社発行)
  ●「中医病機治法学」陳潮祖著(一九八八年 四川科学技術出版社発行)
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:桂枝茯苓丸
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:00| 山口 ☀| 基本方剤の考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

警告:無謀な温め療法!

   警告:無謀な温め療法!

体を温めすぎて病を悪化させることだって多い現実!より
一人の身体で五臓六腑経絡それぞれの寒熱が異なるのだから、過度に温めすぎると、温めすぎては困る部分に弊害が出て来る可能性が高いということだ。

言い換えれば、腎系は冷えているが、感染症などによって肺系統が熱化しているような場合、下半身が冷えているからといって過度に温めすぎると、最も過敏でデリケートな肺系統がマスマス化熱して、病状を悪化させるというようなことだ。

冷えが身体に悪いからと言って、極端な温熱療法に走るとロクナことはない。

だから中医学方剤、要するに漢方薬方剤は巧みな配合から成り立っており、詳細に分析すれば、ほとんどの方剤が、寒熱併用の生薬から構成されているのは上記の理由によるのだと断言しても、当たらずと言えども遠からずの解釈として十分に成り立ちうる理屈である。

健康ブームも困ったもので、極端から極端に走り、右だと言えば皆が右に走り、今度は左だといえば、皆が熱に浮かされたように左に走ってしまう。

だから昔から「衆愚」と言われるのだ。
 昨今、ニンニク含有の健康食品の過剰摂取による弊害が増えている。

 健康食品のニンニク含有製品が邪魔していた漢方薬の効き目
 咽喉腫痛を伴う風邪を繰り返す体質改善にニンニク食品を取り続ける重大なる錯誤
 炎症性疾患を悪化させるニンニクが多量に含まれた健康食品!
 2年間ニンニク食品を常食した挙句に肺ガンの心配をするまでに・・・
 ニンニク食品を中止して漢方薬を服用したら二年来の持病が10日で8割以上回復!

 これに類した現象は、朝鮮人参(高麗人参)や冠心二号方を加減して製剤化された医薬品(漢方薬)を寒熱の判断を誤り、もしも過剰に長期間使用すれば、類似した現象が起こり得るので注意が必要だ。
 健康食品の朝鮮人参を飲み続けながら体中が痒いのは本当に良い反応なのか?

万病は冷えが原因だという乱暴な温め療法の錯誤 より
「冷えるのが最もいけない、万病は冷えにある!」といった強引な論法がまかり通っている!

個別性を重視する漢方と漢方薬、つまり中医基礎理論からこれを眺めればとんでもない話で、これによる弊害が昨今、多く見られるようになって来たので、警鐘を鳴らしておく必要を感じるのである!

 もちろん「冷え」が原因で多くの疾患の引き金になっていることも事実だから、一部間違いではないが、温める療法を皆に適用して強引に普遍化しようという論法が間違っているのだ。

 猫も杓子もダイエットに走るのと類似した乱暴なブームであり、「冷えを取れば万病が治る」などとはトンデモナイ話だ!

 これのやり過ぎによる弊害が生じた実例を挙げればキリがない。

 中医学的に肺陰虚に肺熱を伴っている慢性気管支炎の男性が、奥様の強い勧めで良いと言われるあらゆる保温を心がけた結果、せっかく治まっていたCRPが一気に上昇し、眠っていた細菌が暴れだして高熱を発した例。

 冷え込むと決まって繰り返す膀胱炎にカイロまで当てて冷えを徹底的に取るのに治らない。冷えると必ず膀胱炎が悪化するので温める漢方薬を求めてこられた方に、温熱薬は一切出さずカイロも止めてもらい、「猪苓湯(ちょれいとう)」だけを連用半年でほぼ根治!

 ヘルペスが病院治療によって治らないからと、万病は冷えによるという強引な理論から附子の配合された漢方薬を長期連用して病はますますひどく、顔面も常に酒に酔った相貌が固定してしまうなどなど、原因と結果の因果関係を短絡的に考えるととんでもないことになる実例は五万とあるのだ!
無謀な温め療法

 昨今は「万病の原因は冷えにある」というトンデモナイ考え方が巷を跋扈して危険である。 一種の危険思想であるといっても過言ではないだろう。中医学的にみて様々な問題が多すぎるのである。

 各種様々な温熱療法がブームになっているようだが、このブームに乗って却って病気を悪化させた人は数知れない。
 病院の奨める岩盤浴や自己治療によって却って病状を悪化させた挙句に行き着いた先は・・・

 重要なことを手っ取り早く理解してもらうために、中医学的な整体観の一部を極論してなるべく分かりやすく言えば

 一人の身体で五臓六腑経絡それぞれの寒熱が異なるのだから、過度に温めすぎると、温めすぎては困る部分に弊害が出て来る可能性が高いということである。

 言い換えれば、腎系は冷えているが、感染症などによって肺系統が熱化しているような場合、下半身が冷えているからといって過度に温めすぎると、最も過敏でデリケートな肺系統がマスマス化熱して、病状を悪化させるというようなことだ。

 冷えが身体に悪いからと言って、極端な温熱療法に走るとロクナことはない。

 だから中医学方剤、要するに漢方薬方剤は巧みな配合から成り立っており、詳細に分析すれば、ほとんどの方剤が、寒熱併用の生薬から構成されているのは上記の理由によるのだと断言しても、当たらずと言えども遠からずの解釈として十分に成り立ちうる理屈である。

 健康ブームも困ったもので、極端から極端に走り、右だと言えば皆が右に走り、今度は左だといえば、皆が熱に浮かされたように左に走ってしまう。

 外見がひ弱に見えるからと言って、直ぐに日本漢方流の「陰証で虚証」などと分ったような分らないような些か錯誤気味の判断を下して、温補に偏る指示を下され、却って寒熱錯雑の症候を助長して更に複雑化させたり、あるいはアラユル臓腑経絡に実熱をもたらせたり、その弊害による相談を受けることが年々増える一方である。

 たとえば冷え症が強いと主張される女性の多くが、決して身体の芯から冷えているわけではなく、気血の運行が悪い為に結果的に末梢血管に温かい血液が流れてくれていないだけというケースは五万とある。

 ストレスや欲求不満により肝気鬱結を呈すると、その気滞によって血の流れまで悪くなるという仕組みで、まずはストレスや欲求不満を取り除くのが先決だが、漢方処方としては四逆散(しぎゃくさん)系列の方剤を主軸に、あるいは隠し味として少量使用する必要を認めることが多い。

 漢方の専門家の方たちさえ、この温熱ブームに悪乗りしているとしか思えないアドバイスがあり、却って悪化させて当方に御相談に見えているケースが、昨今顕著である。

 ともあれ、人体の五臓六腑四肢百骸は複雑多変で、各臓腑経絡ごとに寒熱の違いがあり、寒熱錯雑証を呈することも珍しくはないので、漢方相談をされる方も受ける側も、かなり冷静・客観的な科学的態度を持って、慎重綿密に焦らずコツコツと、しかも臨機応変の柔軟性を忘れることなく、互いに努力する必要があろう。
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:温め療法
posted by ヒゲ薬剤師 at 11:04| 山口 ☁| 温め療法の弊害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする