ご意見やご質問はこちらから⇒●●●


クレーマーは絶対にお断り。付添い人や代理人によるクレーマー豹変率が最も高いので、
ご本人が本気でない場合は、相談をお受けできません。


にほんブログ村 病気ブログ がんへ  

2018年12月10日

警告:無謀な温め療法!

   警告:無謀な温め療法!

体を温めすぎて病を悪化させることだって多い現実!より
一人の身体で五臓六腑経絡それぞれの寒熱が異なるのだから、過度に温めすぎると、温めすぎては困る部分に弊害が出て来る可能性が高いということだ。

言い換えれば、腎系は冷えているが、感染症などによって肺系統が熱化しているような場合、下半身が冷えているからといって過度に温めすぎると、最も過敏でデリケートな肺系統がマスマス化熱して、病状を悪化させるというようなことだ。

冷えが身体に悪いからと言って、極端な温熱療法に走るとロクナことはない。

だから中医学方剤、要するに漢方薬方剤は巧みな配合から成り立っており、詳細に分析すれば、ほとんどの方剤が、寒熱併用の生薬から構成されているのは上記の理由によるのだと断言しても、当たらずと言えども遠からずの解釈として十分に成り立ちうる理屈である。

健康ブームも困ったもので、極端から極端に走り、右だと言えば皆が右に走り、今度は左だといえば、皆が熱に浮かされたように左に走ってしまう。

だから昔から「衆愚」と言われるのだ。
 昨今、ニンニク含有の健康食品の過剰摂取による弊害が増えている。

 健康食品のニンニク含有製品が邪魔していた漢方薬の効き目
 咽喉腫痛を伴う風邪を繰り返す体質改善にニンニク食品を取り続ける重大なる錯誤
 炎症性疾患を悪化させるニンニクが多量に含まれた健康食品!
 2年間ニンニク食品を常食した挙句に肺ガンの心配をするまでに・・・
 ニンニク食品を中止して漢方薬を服用したら二年来の持病が10日で8割以上回復!

 これに類した現象は、朝鮮人参(高麗人参)や冠心二号方を加減して製剤化された医薬品(漢方薬)を寒熱の判断を誤り、もしも過剰に長期間使用すれば、類似した現象が起こり得るので注意が必要だ。
 健康食品の朝鮮人参を飲み続けながら体中が痒いのは本当に良い反応なのか?

万病は冷えが原因だという乱暴な温め療法の錯誤 より
「冷えるのが最もいけない、万病は冷えにある!」といった強引な論法がまかり通っている!

個別性を重視する漢方と漢方薬、つまり中医基礎理論からこれを眺めればとんでもない話で、これによる弊害が昨今、多く見られるようになって来たので、警鐘を鳴らしておく必要を感じるのである!

 もちろん「冷え」が原因で多くの疾患の引き金になっていることも事実だから、一部間違いではないが、温める療法を皆に適用して強引に普遍化しようという論法が間違っているのだ。

 猫も杓子もダイエットに走るのと類似した乱暴なブームであり、「冷えを取れば万病が治る」などとはトンデモナイ話だ!

 これのやり過ぎによる弊害が生じた実例を挙げればキリがない。

 中医学的に肺陰虚に肺熱を伴っている慢性気管支炎の男性が、奥様の強い勧めで良いと言われるあらゆる保温を心がけた結果、せっかく治まっていたCRPが一気に上昇し、眠っていた細菌が暴れだして高熱を発した例。

 冷え込むと決まって繰り返す膀胱炎にカイロまで当てて冷えを徹底的に取るのに治らない。冷えると必ず膀胱炎が悪化するので温める漢方薬を求めてこられた方に、温熱薬は一切出さずカイロも止めてもらい、「猪苓湯(ちょれいとう)」だけを連用半年でほぼ根治!

 ヘルペスが病院治療によって治らないからと、万病は冷えによるという強引な理論から附子の配合された漢方薬を長期連用して病はますますひどく、顔面も常に酒に酔った相貌が固定してしまうなどなど、原因と結果の因果関係を短絡的に考えるととんでもないことになる実例は五万とあるのだ!
無謀な温め療法

 昨今は「万病の原因は冷えにある」というトンデモナイ考え方が巷を跋扈して危険である。 一種の危険思想であるといっても過言ではないだろう。中医学的にみて様々な問題が多すぎるのである。

 各種様々な温熱療法がブームになっているようだが、このブームに乗って却って病気を悪化させた人は数知れない。
 病院の奨める岩盤浴や自己治療によって却って病状を悪化させた挙句に行き着いた先は・・・

 重要なことを手っ取り早く理解してもらうために、中医学的な整体観の一部を極論してなるべく分かりやすく言えば

 一人の身体で五臓六腑経絡それぞれの寒熱が異なるのだから、過度に温めすぎると、温めすぎては困る部分に弊害が出て来る可能性が高いということである。

 言い換えれば、腎系は冷えているが、感染症などによって肺系統が熱化しているような場合、下半身が冷えているからといって過度に温めすぎると、最も過敏でデリケートな肺系統がマスマス化熱して、病状を悪化させるというようなことだ。

 冷えが身体に悪いからと言って、極端な温熱療法に走るとロクナことはない。

 だから中医学方剤、要するに漢方薬方剤は巧みな配合から成り立っており、詳細に分析すれば、ほとんどの方剤が、寒熱併用の生薬から構成されているのは上記の理由によるのだと断言しても、当たらずと言えども遠からずの解釈として十分に成り立ちうる理屈である。

 健康ブームも困ったもので、極端から極端に走り、右だと言えば皆が右に走り、今度は左だといえば、皆が熱に浮かされたように左に走ってしまう。

 外見がひ弱に見えるからと言って、直ぐに日本漢方流の「陰証で虚証」などと分ったような分らないような些か錯誤気味の判断を下して、温補に偏る指示を下され、却って寒熱錯雑の症候を助長して更に複雑化させたり、あるいはアラユル臓腑経絡に実熱をもたらせたり、その弊害による相談を受けることが年々増える一方である。

 たとえば冷え症が強いと主張される女性の多くが、決して身体の芯から冷えているわけではなく、気血の運行が悪い為に結果的に末梢血管に温かい血液が流れてくれていないだけというケースは五万とある。

 ストレスや欲求不満により肝気鬱結を呈すると、その気滞によって血の流れまで悪くなるという仕組みで、まずはストレスや欲求不満を取り除くのが先決だが、漢方処方としては四逆散(しぎゃくさん)系列の方剤を主軸に、あるいは隠し味として少量使用する必要を認めることが多い。

 漢方の専門家の方たちさえ、この温熱ブームに悪乗りしているとしか思えないアドバイスがあり、却って悪化させて当方に御相談に見えているケースが、昨今顕著である。

 ともあれ、人体の五臓六腑四肢百骸は複雑多変で、各臓腑経絡ごとに寒熱の違いがあり、寒熱錯雑証を呈することも珍しくはないので、漢方相談をされる方も受ける側も、かなり冷静・客観的な科学的態度を持って、慎重綿密に焦らずコツコツと、しかも臨機応変の柔軟性を忘れることなく、互いに努力する必要があろう。
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:温め療法
posted by ヒゲ薬剤師 at 11:04| 山口 ☁| 温め療法の弊害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

漢方薬とは(間違いだらけの漢方と漢方薬)

   漢方薬とは

 漢方薬とは、漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬品、つまり治療薬のことを指す。

 しかしながら、ネット界では「漢方」と同様、健康食品と同列に置くという甚だ錯誤・混乱したひどい扱いである。これだから薬事法違反が横行するはずである。

 また、なんと驚くべきことには某大手検索サイトさんでも「健康食品 > 漢方薬」という分類を行うほどだから、唖然とするばかりである。

 先年、このことについて当の某超大手検索エンジンさんに筆者が訂正を求める要望書を提出したことがあった。
 そして当時の応答内容をブログ「漢方と漢方薬の正しい意味」で掲載しているので、以下に引用する。

お問い合わせ内容

 いつも検索ではありがたく利用させて頂いております。
 さて、問題は登録依頼とは無関係な問題でございます。貴社のカテゴリ区分の問題です。
 漢方薬が健康食品の下位となっていること、つまり、
       健康食品 > 漢方薬

ビジネスと経済 > ショッピングとサービス > 健康 > 健康食品 > 漢方薬

とされるのは間違いだと存じますがいかがでしょうか?
 そもそも「漢方とは中国から伝来した医術であり、漢方薬は漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬」であるはずです。
 したがって、医薬品である漢方薬を、健康食品に分類されること自体が間違っています。
 ご参考になるブログとしまして、 http://ameblo.jp/kanpoyaku/  などがあります。
 以上、早急に改善されますことをお祈り申し上げます。
                     頓首

これに対する某大手検索エンジンさんからのお返事

 ・・・・・・・・・・・サービスです。
 ご利用くださいまして、ありがとうございます。
このたびは、貴重なご意見いただきまして、ありがとうございました。
 ・・・・・カテゴリでは、登録サイトがどのようなコンテンツを主に扱って いるか、特に企業・ショップの場合は商品やサービスの内容によって分 類されています。
これらは、・・・・・・カテゴリの編集方針上の分類であって、学術的、医学 的分類ではありません。
 なお、医薬品扱いの漢方薬の製造、販売が主なコンテンツとなっているサイトの場合は以下に分類されます。

ビジネスと経済 > ショッピングとサービス > 健康 > 各種療法 > 漢方

(管理人注:差し障りがあってはいけないので、一部省略)

・・・・・・・・・・・・では編集方針に基づき、実際にサイトを見たうえで掲載先カテゴリを選択し、タイトル、コメントなどを編集して掲載処理を行っております。
 以上、ご理解いただきますようお願いいたします。

このお返事に対する当方からの折り返しのコメント

 拝復
 このたびは、ご丁寧なお返事を賜り、ありがとうございました。
 ただ、残念なことは、どう考えましても、「漢方薬」というものが、歴史的に「医薬」、つまり治療薬という歴史的な意味を有するものに対して、いくらなんでも、あるいはどういう理由があろうとも、健康食品の下位カテゴリに分類される意図には、残念ながら納得しかねる次第でございます。
 貴サイトのような超ビッグな組織において、便宜上とはいえ、

健康食品 > 漢方薬

ビジネスと経済 > ショッピングとサービス > 健康 > 健康食品 > 漢方薬

 この分類は、一般世間の誤解を生じる大きな原因となるものと思われ、残念でなりません!

 やはり、一犬虚を吠ゆれば万犬実を伝う(いっけんきょをほゆれば ばんけんじつをつたう)

のたとえ通り、誰かが好い加減なことを言い出すと、皆がそのように信じ込んで、間違ったことでもいかにも真実のように広まってしまう。 という類(たぐい)ではないかと、実に残念です!

 以上、失礼ながら、忌憚のないところを専門家の一人として、もう一度、念押し申し上げる次第です。
                  頓首
某大手検索エンジンに、健康食品>漢方薬 という間違った分類の是正のお願いをするも、謝絶されたことより
 その後の返事は一切ナシっ!
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:漢方薬
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:02| 山口 ☁| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

漢方とは(間違いだらけの漢方と漢方薬)

  漢方とは

 漢方とは中国から伝来した医術や薬術を指す言葉である。
 「中国から伝来した医術や薬術」というのは、中国の伝統医学や薬学のことにほかならず、言うまでもないことであろう。

 医師が診断して漢方処方を投与すれば医術であり、薬剤師が薬局店頭などで漢方相談により漢方製剤を販売する行為を薬術ということになろう。

 「漢方は日本で成熟した医術である」などと特に強調されたり、日本の伝統医学であるなどと主張されるむきも多いが、この点については大いに異論や問題のあるところである。

 むしろ日本に伝わって漢方の本質を損なった点も少なしとしないのである。この点については 日本漢方を堕落させた吉益東洞 日本漢方の将来「中医漢方薬学」の提唱 や 日本漢方の問題点『中医漢方薬学に目覚めるまで』 などを参照されたい。

 ところでネット上ではしばしば健康食品類を漢方の健康食品と銘打って販売している向きも多いが、問題なしとしない。
 たとえば先年、健康被害が多発したダイエット用食品「天天素」事件などでは「マジンドール」「シブトラミン」等の医薬品成分が含有されていたにも関わらず、漢方と銘打って多くの薬局や健康食品店で販売されていた。

 いまだに中国から輸入した健康食品なら何でも「漢方」だと信じている一般人のみならずネット販売業者さん達も多いようだが、根本的な勘違いをされている。
 おおよそ漢方薬とはかけ離れたもが配合されたものでも中国から輸入したものなら何でも漢方と銘打たれるのは非常識であろう。

 極端な例では上記の天天素のように合成医薬品含有した無承認無許可医薬品であっても中国からの輸入品であれば「漢方」や「漢方薬」とも表現されるネット界の非常識は是正されるべきであろう。

 これらは牽強付会であることは明らかだが、無知蒙昧をよいことに得手勝手な拡大解釈には、ちょっと付き合いかねる世界である。

 上記のような低次元の話しはこれくらいで終わり、漢方と漢方薬の本質を考えてみたい。

   漢方と漢方薬の本質

 漢方とは何か? 漢方薬とはどんなものか?
 その本質的な所を的確に表現することは容易ではありませんが、おおよそのところは以下の通りです。

 漢方を含めた東洋医学においては、どのような病気も究極的には五臓六腑のアンバランスによって生じるものと捉えています。
 一人の身体の中で起こる病気は、その人の生まれ持った体質的な素因やストレス状況、地域的な生活環境の諸条件、あるいは食生活環境の諸条件などとも大いに関係があり、現在出ている病気の症状だけでなく、過去の病歴やその他の環境的な諸条件なども配慮し、また一見無関係に思えるような症状も参考にします。

 要するに、現在の病気の解決の為には、種々の要因を総合的に分析・判断することによってはじめて、その人の体質と病状に合った漢方薬の組合せ(配合)ができるというわけです。
 やや専門的に述べれば、

 東洋医学における疾病観は、五臓間における気・血・津液の生化と輸泄(生成・輸布・排泄)の連係に異常が発生し、これらの基礎物質の生化と輸泄に過不足が生じたときが病態とされる。
 この理由から、五臓それぞれの生理機能の特性と五臓六腑に共通する「通」という性質にもとづき、病機(病理機序)と治法を分析する。

 つまり、
1.病因・病位・病性の三者を総合的に解明し、
2.気・血・津液の昇降出入と盈虧通滞(量的な過不足と流通の過不足)の状況を捉え、
3.定位・定性・定量の三方面における病変の本質を把握する。

 これらの分析結果に基づき、
1.病性の寒熱に対応した薬物を考慮しつつ、
2.発病原因を除去し、
3.臓腑の機能を調整し、
4.気血津精の疏通や補充を行う。

 以上が真の漢方と漢方薬の姿です。

  日本漢方の悲しい現実

 但し、これは中国漢方すなわち中医学の本質であり、この本来あるべき基礎理論が日本漢方ではほとんど取り入れられていないのが現実である。

 吉益南涯の気血水説と傷寒論医学の六経弁証はあっても臓腑弁証や経絡理論を取り入れないのが日本漢方、とりわけ日本古方派の困った現実がある。

 何が困るかと言うと、日本古方派が日本の伝統医学の主流、すなわち日本漢方であるとされることに対して、同じ日本人として実に困るわけである。
 我が愛すべき日本国のこの恥ずかしい現実を如何にせむ。
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:漢方
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:02| 山口 ☁| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

基礎理論が脆弱な現代日本漢方医学(間違いだらけの漢方と漢方薬)

  基礎理論が脆弱な現代日本漢方医学

 この問題については、すでに多くの拙論で贅言を弄してきた問題である。

 筆者自身が初期の10年以上、日本古方派漢方にのめり込んでみて感じたことは、まるで禅宗の悟りを求めるような 不屈の精神で、傷寒・金匱要略を繰り返し熟読し、方剤を理解するにあたってはまるで禅宗の公案を解く様な面持ちで、全身全霊で小柴胡湯の方意を体得せねばならないことに、感激したものである。

 すなわち学としての漢方ではなく、術としての漢方の修業の道である。

 おかげで四逆散の方意を得るのに10年間、日本漢方の流儀に従って学んだが、どうやっても理解困難で難儀し続けた。

 ところが何のことはない、本場中国の中医学書を熟読すれば、いっぺんに難問が氷解したのである。

 基礎理論を蔑ろにした吉益東洞は問題外にしても、吉益南涯がその反省から打ち立てたてた 気血水説くらいではあまりにも貧弱かつ脆弱に過ぎるのである。
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:00| 山口 ☔| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

附子剤を乱用気味の日本漢方(間違いだらけの漢方と漢方薬)

   附子剤を乱用気味の日本漢方

 相変わらず八味丸製剤の宣伝が盛んであるが、日本国中が食糧事情が豊富で栄養豊かでしかも暖房設備の充実した時代である。 しかも地球の温暖化現象の危機が叫ばれる時代に、日本列島全体に向けて 辛温、大熱の附子(ブシ)の配合された八味丸が、それほど普遍性があるのかどうか、再考を促したいものである。 たしかに八味丸や牛車腎気丸は適応証がある人にとっては素晴らしい薬効を奏するが、腎陽虚がなければ絶対に 使用してはならない。

 たとえ腎陽虚がある場合でも、五臓六腑はそれぞれ寒熱に違いがあるので、肺熱や肺陰虚をともなっている 場合には慎重に用いる必要がある。
 つまり肺熱や肺陰虚に対する方剤を併用するなりして、未然に肺陰が損傷されない配合が必須であるということだ。

  肺は嬌臓(脆弱な臓器)であり、寒、熱、燥、湿などいずれにも敏感に影響を受けやすい臓器であるから 五臓六腑の中でも特に配慮が必要である。

 わけても附子の辛温大熱は容易に肺陰を損傷して、乾燥性の咳嗽や血痰、咽喉腫痛あるいは口内乾燥刺激感 などを引き起こすことも珍しくないのである。
 一般薬の八味丸製剤が盛んに宣伝されることで適応証でもない人が、指名買いすることによる副作用の問題のみ ならず、医療用漢方においても八味丸エキスや牛車腎気丸エキスが盛んに投与されることで、上記のような軽度の副作用が 出ても、あらずもがなの遠慮から主治医に相談できずに漢方薬局へ問い合わせるケースも稀ではない。

参考文献

 注意が必要な漢方薬(肺陰を損傷しやすい漢方処方)
たまには、応援のクリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
ラベル:附子
posted by ヒゲ薬剤師 at 00:00| 山口 ☀| 間違いだらけの漢方と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする